TOP世界遺産世界の紙幣世界のゲストハウス旅の持ち物食べ物いろいろ旅の場所ベスト10へなちょこコラム国紹介リンク

2008年10月9日〜11月24日
From Nagoya





1.旅の始まりは海から
2.四川再び。そしてラサ断念
3.カトマンズ滞在
4.エベレスト・トレッキング その1「1杯のミルクティー」
5.エベレスト・トレッキング その2「高山病」
6.エベレスト・トレッキング その3「高山を歩く」
7.エベレスト・トレッキング その4「いざ、カラ・パタールへ」
8.エベレスト・トレッキング その5「帰路、そしてルクラで足止め」
9.文化遺産と自然遺産
10.ポカラから南へ
11.インド、「バラナシとムンバイ」
12.2つの石窟、旅の終わりも海より
13.おまけ「トレッキングについて」






10.ポカラから南へ

下痢だ。
チトワンで優雅な朝食を終えたのだが、どうも下痢になってしまったようだ。やはりあまり流行らない宿のあまり美味しくないメシを食べ続けたのが原因だろうか。
ポカラ行きとして乗り込んだバスは、随分と小さなミニバスだった。とにかく狭い。白人も何名か座っているが、実に窮屈そうだ。それにツーリストバスと言いながら完全にローカルバスの為、客引きがすごい。少し走っては停まり、客引き。客が降りれば客引き。そんな訳でこれがなければ1時間は早くポカラに到着できていただろうと思う。

ポカラが近づくにつれ、再び雪山が現れ始めた。トレッキングを思い出してしまう。前に座っていた白人の子供が山を見て騒いでいる。
でも腹の調子は依然悪い。そろそろ尻の限界だなあ、と思い始めた頃、ようやくポカラに着いた。時刻は15:00。5時間半のバスの旅であった。


ツーリストバス乗り場には、ネパールでは一番の客引きが待っていた。前回と同じくダムサイドに宿を取ると決めていたので、無視してそのまま歩く。チトワンよりは涼しくて良いのだが、しつこい客引きが付いて来る。だが、ネパールの客引きならばインドとは違い、一喝すれば大人しくなる。ネパールの居心地の良さが現れていると思った。

ダムサイドで適当な宿にチェックインし、早速ベランダに出て見る。そう、ダムサイドを選んだ理由は、ゲストハウスのベランダや屋上から素晴らしいヒマラヤの景色が見られるからだ。

G.H.のベランダからチャーを飲みながらヒマラヤを眺める
G.H.のベランダからチャーを飲みながらヒマラヤを眺める
(中央がマチャプチャレ 6993m)
夕日に染まったヒマラヤ
夕日に染まったヒマラヤ
(左がアンナプルナU 7937m)
ポカラの象徴マチャプチャレ(6993m)
ポカラの象徴マチャプチャレ(6993m)

これがしたかった。
ゲストハウスのベランダで、チャー(ミルクティー)を飲みながら8000m級のヒマラヤを眺める。こんな事ができるのは、このポカラを除いて他にあまりないだろう。何とも贅沢なひと時である。またポカラは大きな湖もあり、昔からたくさんの旅人に愛されてきた。レストランの種類も多く、質の高い宿も多くある。ここが「バックパッカーの沈没地」と呼ばれる理由が改めて分かるようだ。


登るにつれ雲海が見えてきた
登るにつれ雲海が見えてきた
翌朝は06:00に起きる。今日はワールド・ピース・パコダというお寺に行く。近くの丘の上にあり景色が素晴らしいとのこと。ちょっとしたショートトレッキングになる。

07:00に宿を出る。ポカラは盆地の為、日が当たらない場所では午前中ずっと霧が立ち込めていることもある。何とか丘への入口を見つけ、登り始める。気軽な山道と思っていたのだが、これが結構本格的な山道である。登るにつれ天候はどんどん霧が晴れてきた。見晴らしが良くなっていいのだが、逆に暑くなる。直射日光がまともに当たるので大変だ。すぐに汗だくになってしまった。

上り始めて1時間。ようやくパコダに到着した。予想よりもずっと長かった。景色を眺める。そこには街中よりもずっと眺望の良い景色が広がっていた。



フェワ湖とヒマラヤを望む
フェワ湖とヒマラヤを望む
(ワールドピースパコダより)


山頂には真っ白なパコダが建てられている。ネパール人や外国人観光客が既にお祈りをしている姿が見える。涼しいポカラとはいえ、直射日光に当たっているので結構暑く感じる。改めて景色を眺めた。
無論素晴らしい景観なのだが、山と距離があるのでどうしても白っぽく霞んでしまう。それに何より先日まで間近で雪山を見ていたので、これだけ遠い景色となるといまいち感動が薄い。良い場所だったのだが、どうやらエベレスト・トレッキングで目が肥えすぎてしまったようだ。

レイクサイドへ向けてボートに乗る
レイクサイドへ向けてボートに乗る
写真の女の子が漕ぎ手なら良かったんだが・・
帰りはフェワ湖へ繋がる山道を降りた。長い山道を下ると、レイクサイド(街中)へ繋がるボート乗り場に出た。料金を支払っていざボートへ乗る。漕ぎ手は婆さんのようだ。ゆっくりと岸を離れる。

動き始めてすぐに「漕げ」、と言われてオールを渡された。天気も良く気持ち良さそうだったので、漕いで見ることにした。意外と面白い。オールを漕ぐなんと事は随分久しぶりのような気がする。過ぎ去る風と、手漕ぎの水をかく音が何とも心地よい。目の前にはヒマラヤの雪山。これで婆さんではなく、若い女の子と一緒ならもっと楽しかったんだが。。


宿に戻り、何ともまったりとした時間を過ごす。
ベランダでチャーを飲みながら小説を読み、時間を見つけて洗濯などもする。夕食の日本食屋でマンガを読む。ぼおっとする。
何だかインドへ行きたくなった。
ネパールは景色も美しく好きな国なのだが、少し刺激が少ない。何だかインドが懐かしくなってきた。そう思ったら急に行動したくなってきた。明日、次の目的地バイラワへ行くことにした。

ポカラからバイラハへ行くミニバスの車内
ポカラからバイラハへ行くミニバスの車内
翌朝、宿のおやじにバス乗り場まで送ってもらいバイラワへ行く。バイラワはポカラちょうど南に下った場所にあり、近くにルンピニを抱える交通の起点の町である。ネパール最後の目的地はルンピニであるが、直通がないのでどうしてもバイラワへ行かなければならない。

06:30にポカラ発バイラワ行きのバスが出る。狭い!これまで乗ったバスよりも更に狭い。それに寒い。日陰の山間を走るのだが、窓が壊れており隙間風がビュービュー入ってくる。白人なんて本当に窮屈で大変そうだ。
それに道の悪さ。山道なので狭いのは仕方がないが、至る所で崖崩れが起きている。大きな岩なども道路上にごろごろしている。正直こんなものが上から降ってきたら、この小さなバスなど一溜りもないだろう。でもネパールの事だから、「当たっちゃったの?そりゃ運が悪かったね」程度で終わりそうだ。天災だから仕方ないだろうってレベルだろう、きっと。


ブッタ誕生を祝う石版
ブッタ誕生を祝う石版
表面は異教徒によって削り取られている
同じ姿勢で耐える事6時間。ようやくバイラワへ到着した。でもほとんど寝ていた為、意外と楽だった。バイラワからルンピニへはミニバスが出ていると言うことだったが、待てど暮らせどバスなど現れない。結局後からやって来たタイ人、中国人、オランダ人旅行者とタクシーをシェアして行くことにした。
途中車が故障して随分と時間が掛かってしまったが、何とかルンピニに到着。既に15:00過ぎだ。少しルンピニを散歩して眠りに着く。

ルンピニは今回ネパールで訪れる最後の世界遺産。ブッタ誕生の地の事であり、仏教4大聖地にもなっている。タイのバンコクにもルンピニ公園と言う場所があるが、恐らくここから取った名前であろう。

翌日は07:00に起床。蚊がたくさんいたので寝袋を使った為、何だか暑かった。でも、シェアしたタイ人パッカーは蚊に刺されまくっていたが、お陰でこちらはあまり刺されることなく済んだ。
ルンピニの中心、聖園まで行く。遠い。歩いてゆくのだが、結構遠い。これまであまり見られなかった物乞いも多く見かける。入場料を払って中に入る。





聖園内には僧院の跡やタルチョのはためく公園のようになっている。熱心なたくさんの国の仏教徒達がやってきている。そしてマーヤー聖堂へ。ここはブッタ誕生の場所を示すマークストーンと、ブッタ誕生を祝う石版が保管されている。実際の石は何だか良く分からないのだが、周りから漂う雰囲気は神聖さを感じさせる。

僧院跡にタルチョがはためく
僧院跡にタルチョがはためく
ブッタの出産に使ったとされるプスカリニ池
ブッタの出産に使ったとされるプスカリニ池
マーヤー聖堂には生誕場所を示すマークストーンがある
マーヤー聖堂には生誕場所を示す
マークストーンがある

大きな菩提樹の下で、様々な国の人々がそれぞれの作法でお祈りをしている。お祈りをする合唱やお経の声にあわせてタルショがはためく。大きな菩提樹と合わさり何だかとても不思議な気分になる。こういうものは決して嫌いではない。

ちなみにその後、聖園北部にある寺院地区に日本寺院を見に出かけたのだが、どうでもいいが広すぎ。しかも日本寺遠すぎ。近くまで行くのに徒歩で1時間も掛かった末、着けば「?」となるような建物。どちらかと言うと見捨てられた廃寺のよう。ストゥーパもあるようだったが、更に遠くのようなので止めた。遠すぎ、日本寺。


廃墟のような日本寺 スノウリの街
廃墟のような日本寺 スノウリの街
ちなみにルンピニに来る際にミニバスがなかったのは、ストライキだったと後で分かった。ネパールでは良くある事である。宿近くに戻り昼食を食べていると、「今日の昼過ぎからバスの運行が再開する」との話を聞いたので、すぐに宿をチェックアウトしバスを待つ。早くインドに行きたかった。

その後、聖園のゲート付近で無事ミニバスを捕まえる事ができ、そのままバイラワ、そして乗り合いジープで国境の街スノウリまで行く。

いよいよ国境まで来た。あの先にはインドが広がっている。そろそろネパールに飽きてきていたので早く行きたかった。バスが出るのは翌朝だったので、とりあえず今日はスノウリで1泊する。

ようやくインドだ。



データ:
ボート代 ・・・ ワールド・ピース・パコダから下ったボート乗り場→レイクサイド。200ルピー
バスチケット ・・・ ポカラ→バイラハ 300ルピーぐらい。。失念しました。。06:30発。所要約6時間。
バイラワ→ルンピニ ・・・ 4人でタクシーをシェア。一人100ルピー。所要約40分。帰りはミニバスを利用。40ルピー。
聖園入場料(ルンピニー) ・・・ 入場料50ルピー。カメラ持ち込みの場合は1USドル(または75ルピー)。
バイラワ→スノウリ ・・・ 乗り合いジープを利用。ブッタの像付近にたくさん停まっている。10ルピー。所要10分程度。






11.「インド、『バラナシとムンバイ』へ」

Homeにもどる