TOP世界遺産世界の紙幣世界のゲストハウス旅の持ち物食べ物いろいろ旅の場所ベスト10へなちょこコラム国紹介リンク

2008年10月9日〜11月24日
From Nagoya





1.旅の始まりは海から
2.四川再び。そしてラサ断念
3.カトマンズ滞在
4.エベレスト・トレッキング その1「1杯のミルクティー」
5.エベレスト・トレッキング その2「高山病」
6.エベレスト・トレッキング その3「高山を歩く」
7.エベレスト・トレッキング その4「いざ、カラ・パタールへ」
8.エベレスト・トレッキング その5「帰路、そしてルクラで足止め」
9.文化遺産と自然遺産
10.ポカラから南へ
11.インド、「バラナシとムンバイ」
12.2つの石窟、旅の終わりも海より
13.おまけ「トレッキングについて」






3.カトマンズ滞在

曇ってばかりいた成都の空とはまるで別世界だ。
カトマンズの空港に降り立つと、青く澄み切った空が、高い高い空がそこには広がっていた。腕に当たる日差しも痛い。そうだ、ここはカトマンズ。標高1400mの高地なのである。

空港からタクシーで安宿などが集まるタメル地区へ。
8年ぶりのネパールは、懐かしい反面、頭の中に描いていた図とは随分違っていた。狭く、排気ガスや埃が舞い上がる道。溢れる人や車、バイク。何の音だか分からない騒音に、常に鳴り響くクラクション。。何か違う。街が、何だか自分を拒否しているように感じた。


タメル地区 車も多い リクシャで渋滞
タメル地区 車も多い リキシャで大渋滞



適当な宿にチェックインして、トレッキングのパートナーを探しに街へ出かける。
やはりどうもしっくりこない。昔のようにカトマンズを歩く事に興奮を覚えない。もちろん、たくさんのお土産屋やレストラン、その他トレッキング用品店などそれなりに面白いのだが、何か自分を満たすものが見つからない。興味がわかない、とでも言おうか。天気はとても良く、多くの人で賑わっているのだが、あまり長居をするべき場所ではないと思った。

ところで自分はカトマンズにはたくさんのトレッカーがいて、多くのトレッカー募集の張り紙がしてあるものだと思い込んでいた。
でも、実際はそうではないようだ。
ゲストハウスや日本食のレストランなど幾つか当たってみたが、トレッカー募集などという張り紙は全くなかった。念のため幾つかの場所にトレッカー募集の紙を貼らせて貰ったが、正直これでは期待はできないと思った。





翌日はエベレスト・トレッキングに必要なパーミットの申請に出かけた。
宿の人に聞いて出かけたのだが、思っていたより楽に申請が終わりちょっと拍子抜けしてしまった。これで本当にエベレストまで行けるのか。
(詳しくは下記データ欄参照)


思ったより早く用事が終わったので、帰りはカトマンズに出来たというショッピングモールに寄って見ることにした。

話はそれるがその国のレベルを知るには、
1.コーラの価格、
2.男性のお洒落度
3.ショッピングモールを見る

と個人的には思っている。ショッピングモールでは、その品揃えでまさにその国の現在持っている国力を知る事ができる。ネパールは昔までは最貧国だと思っていたのだが、ついにショッピングモールができるまでになったか、とちょっと楽しみにして行った。

・・・が、5分で出てきた。酷いものだった。。タメルの方がずっといい。
ダルハラ(ビムセンタワー)等のモールの中からのカトマンズ市内の景色は良かったけどね。


ダルバード カトマンズモール ダルハラ(ビムセンタワー)
昨晩食べた8年ぶりのダルバード カトマンズモール カトマンズモールからダラハラを望む



帰りに張り紙を確認してきたが、予想通り何の書き込みも無し。この時点で一人でトレッキングに出かける事を決め、宿でエベレスト・トレッキング起点となるルクラまでの航空券を予約した。運良く飛ぶ確率の高いファーストフライトが取れた。後は天候を祈るのみだ。
少し市内を散歩してお昼はチベットの麺料理「トゥクパ」、そして晩はしばらくまともな飯が食べられなくなるので、しっかりと日本食を堪能しておいた。


中心広場 人も多い お昼はチベット料理のトゥクパ



翌朝は朝05:15に起き、タクシーで国内線ターミナルまで行く。
真っ暗なターミナルだが、既に多くの白人トレッカーが列を作っている。日本人の個人トレッカーはいないようだ。最終列に並び、空港が開くのを待つ。
05:30に扉が開くと、皆我先に中に進む。空港内はハトが飛ぶようなのどかな空港だが、あっという間に多くの人でごった返してしまった。空港使用料170ルピーを払い、06:20に搭乗。噂通り小型プロペラ機である。満席で15人。予定通り06:30に離陸。プロペラがもの凄い音を立てて回りだす。
いよいよ下界を離れる時が来た。



国内線ターミナル ANGIエアー
国内線ターミナル ANGIエアー




データ:
トレッキング
 パーミット
・・・
TIMS TIMSと入域許可証
TIMS TIMSと入域許可証
2008年現在、エベレスト・トレッキングに必要な書類は2つ。TIMSというトレッキング許可証と入域許可証(1000ルピー)。
申請場所は両方ともカトマンズ市内のイミグレーションオフィス(観光案内所があるところ)で可能。
TIMSというトレッキング許可証はトレッキング中の身分証明書のようなもの。名前は住所、緊急連絡先などを記入しておく。
もうひとつの入域許可証は国立公園の入域料のようなもの。1000ルピー。
同じ建物内(入口は違う)のTIMSのオフィスで発行。10時オープンその場で発行、TIMSは料金無料(要写真2枚)。
また、国立公園の入域許可証は、ジョルサレにあるチェックポイントでも支払い可能。両方ともトレッキング中は常に携帯し、いつでも提示できるようにしておかなければならない。
航空券
(カトマンズ⇔ルクラ)
・・・ カトマンズ⇔ルクラの往復航空券、220ドル。AGNIエアー。宿泊した宿で手配。
両替レート ・・・ 1万円⇒7700ネパールルピー






4.エベレスト・トレッキング その1「1杯のミルクティー」

Homeにもどる