TOP世界遺産世界の紙幣世界のゲストハウス旅の持ち物食べ物いろいろ旅の場所ベスト10へなちょこコラム国紹介リンク


2012年5月24日作成



インターバル撮影


先日、ふとネットをしていて目に入ったのが「インターバル撮影」というもの。音はないが独特の映像美を持っており、すっかり興味を抱く所となった。
すぐに調べてみると、要は「コマ撮りの連続」だという事が分かった。それなら特に高い機械を揃えなくてもできるのではと思い、インターバル撮影に挑戦することにした。
我流で、しかも貧弱な機材だが、恐らく一番簡単だと思うインターバル撮影の方法を紹介しようと思う。




1.機材 2.撮影上の注意 3.撮影 4.編集




1.機材

初代Canon Kiss エツミタイマーリモートスイッチC1 三脚(SLIK スプリントMINI2
Amazonで探す Amazonで探す Amazonで探す


用意するのは上記の3点のみ。
調べてみると、手持ちの初代Canon Kissでもインターバル撮影ができる事が分かった。本体購入時に買った純正のリーモトスイッチではできないので、エツミから発売されている「タイマーリモートスイッチC1(管理人はAmasonで5,681円で購入)」を購入する。簡単な設定をするだけで、数秒ごとに自動的にシャッターを押してくれる機能が付いている。Canon製の多くのデジタル一眼レフに対応しており、これでインターバル撮影が可能になる。
そして三脚。もちろん重くてずっしりとした方がいいのだが、それは実用性も兼ねてご検討を。
尚、コンパクトデジカメで撮影する場合は、「インターバル撮影モード」のある機種を選ぶように。



2.撮影上の注意

■撮影はマニュアルで
初代Kissでは「P」以外のマニュアルで
今の時代のカメラではかなりの方がオート撮影をしていると思うが、インターバル撮影でオートは厳禁。毎回設定などが変わってしまうと動画にした時に酷い映像になってしまう。オート以外の選択を。

またシャッタースピードも、インターバル撮影する間隔よりも短く設定する。これを忘れると上手く作動しない。
そしてホワイトバランス。これも同じくオート以外に設定しよう。曇りでも張れでもその場に合った設定を。忘れるとチカチカとした映像になってしまう。
もうひとつオートフォーカス。これも忘れがちだが必ずマニュアルにしておこう。できればレンズを固定するのが望ましい。


■充電はしっかりと
インターバル撮影では長い時間、カメラとリモートスイッチを作動させ続けなければならないので、バッテリーの充電はしっかりと行っておきたい。特に夜間や寒冷地ではバッテリーの消耗が速いので予備の物などもあると良い。


■目立つ
インターバル撮影って結構目立つ。何せ三脚を立てて黙々と「カシャ、カシャ」とカメラ音だけがひたすらと鳴り続けている。インターバル撮影を知っている人ならいいのだが、知らない人から見るとかなり怪しい。実際桜の咲く公園で試した事があったが、どうもあまり周りからは歓迎されていなかったように思う。
心して撮影に臨もう。


■カメラの寿命
たかだか数秒の動画の為に、何百枚ものシャッターを切らなければならないインターバル撮影。デジタル一眼の寿命が5万から10万回と言われているので、1回の撮影で数百枚ものシャッターを切らなければならないので、自然とカメラの寿命は縮まるはず。やりすぎは危険、、なのかもしれない。





3.撮影

撮影は至って簡単。上記注意事項を踏まえて設定し、撮影するだけ。
実際の撮影の前に、露出やピント、ISO等の確認のために試し撮りをすると安心できる。
さて、肝心のインターバルの間隔(廟数)は被写体によるところが大きい。管理人も何度も撮っている雲の動きのあるものだと、最近は3秒程度。夕焼けなどの時間の掛かる物ならそれ以上の間隔でも良いかも。

撮影枚数のだが30fps(フレームレート)で処理して、1秒に30枚必要。例えば10秒の動画を作ろうと思うと、300枚の写真が必要となる。撮影間隔を3秒に設定しても900秒=15分。これ位はかかる。
風の強い日、そして意外に歩道橋等では僅かな振動でも三脚が揺れるので、しっかり対策をしておきたい。その意味合いからも、ズームよりも広角の構図の方が失敗が少ない。




4.編集

さて苦労して撮影したコマ撮り達をいよいよ動画にする。
巷には色々な編集ソフトがあるようだが、「無料で簡単」なソフトを探してみると「JPG2AVI」というソフトに辿り着いた(ダウンロード)。
最初は戸惑うが、少し慣れれば難しくはない。


「JPG2AVI」の使い方
1.コマ撮りした写真が入ったフォルダを用意する※1 2.JPG2AVIを起動させる 3.写真の入ったフォルダを選択して、開く。


4.「フィルター」の「クリッピング+リサイズ」を選び、出来上がる動画のサイズを決める※2 5.「3.出力項目設定」からA(AVI)又はW(WMV)を選び、更に出力設定でフレームレート※3を決める。 6.再生ボタンを押し、動画の名前と形式、保存先決める。




※1…撮った写真は必ず撮影順に連番になるようにする。その番号順に読み込むので、要注意。

※2…実際の写真を縮小して、その数値を参考にリサイズを決めると画像の歪みが少なくできる。

※3…「フレームレート」。1秒間に表示されるコマ数。30なら1秒間に30枚の写真が表示される。
7.「エンコ設定」と出てくるので「UnCompressed(24bit RGB)」を選択し、キーフレームが先に設定した数値でなければ再度設定する。 8.「OK」を押せば、先に指定したフォルダに動画が作られる。




以上の作業で初めてのインターバル撮影をしてみた。


撮影日:2012年3月25日
撮影場所:近所の公園(日本)
使用枚数:356枚
所要時間:約17分
撮影間隔:3秒
設定:すべてマニュアル


撮影日:2012年9月12日
撮影場所:モルディブ(アンガガ・アイランド・リゾート)
使用枚数:324枚
所要時間:約21分
撮影間隔:4秒
設定:すべてマニュアル



有料の編集ソフトを使えば、ミニチュア動画やズームなどの編集もできるようだが、このフリーソフトではこれが限界。それでも初めてにしてはまずまずうまく撮れたかな。

これからも旅行先でインターバル撮影を続けたいと思う。


(※あくまで自己流なのでご参考までにしてください)





へなちょこコラムにもどる

Homeへ戻る