TOP世界遺産世界の紙幣世界のゲストハウス旅の持ち物食べ物いろいろ旅の場所ベスト10へなちょこコラム国紹介リンク

2007年8月1日作成
2018年12月4日更新
Yahooのカテゴリー登録は2018年3月で終了しました。
googleのページランクなども現在は行われていません。



ヤフー登録への道
〜素人による素人への為の手引書〜

2007年4月24日、念願だったヤフーへカテゴリー登録されました。
ホームページを運営されていない方はいまいちピンと来ないかもしれませんが、サイト運営者にとって「ヤフー登録」とはひとつの大きな目標です。巷では「東大受験並みに難しい」とか「登録率は5%に満たない」などいろいろな噂が流れています(実際自分が登録されたのでそこまでは難しくはないかもしれないが・・)。とにかくそれ位難関なのがヤフー登録なのです。

今回、当サイトは偶然にもヤフー掲載となりましたが、その過程を少しですがここで紹介したいと思います。サイト管理人の方にも、そしてあまりよく分からない方にも分かりやすく説明したいと思います。

検索エンジンとは
まず、何かを調べる時、一般的には検索エンジンを使うと思いますが、それがgoogleであったりYahooであったりmsnだったりすると思います。これらは大きく2つの種類に分かれます。

・ロボット型
・ディレクトリ型

ロボット型とは、その名の通りロボットが申請のあったサイトを巡回し、自動的に登録して行きます。googleなどがその代表ですが、登録率はほぼ100%です。申請すればほとんどのサイトが1,2ヶ月で登録されます。特徴は膨大な情報量がある代わり、量が多すぎる為的確な情報がなかなか見つけられない等があります。
それに対しディレクトリ型とは、申請のあったサイトを人間の目で見て、必要と判断された場合に初めて登録されるというシステムです。代表はYahooなどです。人の目による審査がある為、質の高いサイトが多く登録されています。その代わり情報量はロボット型には到底敵わず、また一部申請してもなかなか通らないという欠点もあります。
どちらが良いかは使う人それぞれですが、サイトへのアクセスアップを目指す管理人にとってはロボット型のgoogleはもちろん、絶大なアクセス数を誇るYahooへの登録をも目指す訳です。

さて、ではなぜアクセスアップを目指すのか?
理由は幾つかあります。折角作ったのだからたくさんの人に見てもらいたい、サイトを運営することにより多くの人と知り合いたい、またアフェリエイト(広告)を貼っている人は小遣い稼ぎの為など。世の中にはまったく存在を知らせずに、ひっとりと運営されているサイトもあると思いますが、やはり折角頑張って作っているので多くの人に見てもらいたいという気持ちは誰しもが持つものでしょう。


失敗。。初めての申請
少し前置きが長くなりましたが、そんな訳で当サイトも「軽い腕試し」感覚でYahooへの申請をしました。それが2006年10月頃だったと思います(すみませんはっきり覚えていません)。
この時は本当に軽い気持ちで「ヤフーに登録できたらいいな」ぐらいで申請したのを覚えています。結果は、3週間経とうが、1ヶ月経とうが、何の音沙汰もありませんでした。結構ショックだったのを覚えています。
ちなみに、今思えば申請フォームの記入ミスをしていました。サイト名を書くところで「旅日記〜まあ、旅に出てみよう〜」と記入していました。しかしここには、注意事項として「サブタイトルは書かないように」ありました。自分的には「〜まあ、旅に出てみよう」はれっきとしたタイトルのつもりだったのでそのまま記入しましたが、世の中一般から見れば「〜」がついた時点でサブタイトルになってしまうんですね。1日に膨大な数のサイトを見なければならないヤフーサーファーにとってみれば、こうした記入違反のあるサイトには見にも来てくれないとの事でした。
登録されなかったのはショックでしたが、初心者である自分のサイトがそう易々と登録される訳がないと思い、再び更新と内容の充実をして行こうと思いました。

ちなみに下がその当時のTOPページです。



内容の充実と初めてのヤフー対策
その後、「ヤフー登録」という言葉でネット検索してみると、出てくるは出てくるはヤフー対策のサイトが。こんなにあったのかと正直驚きました。しかも内容の濃いサイトばかりで、ヤフー登録にかける管理人達の熱い思いが伝わってきました。
色々なサイトで勉強しましたが、まとめると大まかなポイントは以下のようでした。

・他にはない個性的なサイトを作る
・更新を頻繁にする
・TOPが軽い(表示時間が短い)サイト
・サーファーがまた見たいと思えるようなサイト
・登録はヤフーカテゴリーで登録が少ない場所を狙う
・申請フォームの記載に気をつける

こんな感じでした。
明確な基準がないので、具体的にどうしたら良いかはやはり分かりません。登録までに5年も掛かった人や、10回申請してもダメだった人など様々です。まさにサイト管理人の前にそびえ立つ大きな壁のようです。

当サイトでも、少しだけヤフー対策をしてみました。

・他にはない個性的なサイト≫
当サイトのメインは「旅行記」です。もともと身内だけに公開する為に作ったサイトだったので、それ以上でもそれ以下でもありませんでした。ゲストハウスの情報や、趣味の世界遺産の写真、お札収集に食べ物紹介・・・色々ありましたが、決して「個性的」ではなかったと思います。
そこで2つの新しいコーナーを作ってみました。

1つが「我が旅の場所ベスト10」です。これまでに訪れた場所からベスト10を独断で決めて公開しました。この時無料サーバーからレンタルサーバーに変わっていた為、容量を気にすることなく大きな写真を使う事ができました。「我が旅の場所ベスト10」にも惜しみもなく大きな写真を挿入して、インパクトを持たせました。
2つ目が、「旅日記写真館」(現在は削除)です。
旅行関係のサイトでも多くに見られる写真集ですが、ちょっと趣向を変えて「気になる写真」という条件を加えて写真を選別しました。もともと写真は大好きだったので、一眼レフで撮った綺麗な写真に、日常の何だかへんてこな写真を加えて写真集としました。

これらで個性が出たかかどうかは分かりません。今後も新しい企画を考えて行かなければならないと考えています。

・更新が頻繁にされている≫
これについてはもともとブログを真似て作った「管理人のたわごと」という不定期の日記のようなコーナーがありましたので、それを目立つトップに表示する事により「更新が良くされているサイト」をいう印象を持たせました。(毎日更新は結構大変ですが。。)

・TOPが軽い(表示時間が短い)サイト≫
結果から言えばこれはだめでした。「たわごと」や、それなりの大きさの写真をトップに持ってきている以上、重くはなるが軽くはなりません。しかし、最近のネット事情を考えれば、多少の重さなら問題ないような気もします。今以上の重くならないようには気をつけます。

・サーファーがまた見たいと思うようなサイト≫
これもどうでしょうね。もはや自分で自分のサイトを客観的に見られなくなってしまっていたので、このサイトがまた見たいと思うかどうかは分かりません。ただ、視覚的に綺麗だといい印象を持たれやすいと思ったので、見栄えの良い写真を効果的に使うようにはしました。

・登録はヤフーカテゴリーで登録が少ない場所を狙う≫
正直これは無視しました。自分が登録して欲しいのは「旅行記」関連で、それ以外に登録されても嬉しくはないと思ったからです。ただ、ヤフーカテゴリーの中でも旅行や旅行記には、それは多くのサイトが登録されていましたので、果報は寝て待てぐらいの気持ちで申請しました。

・申請時の記載に気をつける≫
ヤフーにサイトの申請をする際は、記入ミスがないようにするのはもちろんですが、他にもちょっと注意したい事もあります。
【サイトのタイトル】
サイトの正式名称を記載します。気をつけたいのはサブタイトルを記載しない事。当サイトも最初、「〜まあ、旅に出てみよう〜」というサブタイトルを付けてしまいました。
【コメント】
全角40字以内でサイトの簡単な説明文を書きます。宣伝や誇張表現を避け、簡単で分かり易い説明文を考えます。この文章が実際にヤフーカテゴリーの説明に使われる事があるので、しっかり考える必要があります。ちなみに当サイトの場合は、
「タイ在住の管理人によるアジア・世界遺産訪問を中心とした旅行記」、としました。
【付記】
全角200文字程度でサイトの紹介文を書きます。先の付記が簡単で分かり易い文だったのに対し、こちらではある程度詳しくサイトの説明を書く事ができます。つまりここがサイトのアピールの場です。ヤフーに申請すると言う事は、それだけ自信があるサイトだと思いますので、個人的には多少大げさでもいいので、ヤフーサーファーの目に留まるような文章にしましょう。


その他、訪問者とコミュニケーションが取れるツールをサイト内に設けなければなりません。これはメールだけで大丈夫のようでした。掲示板などがあれば更にいいと思います。

ちなみに先に少し書きましたが、前回は無料HPでの申請でしたが、申請時はサーバーをレンタルし、ドメインも取得しました。これが登録に繋がったかどうか分かりません。もちろん無料HPでも登録はされているようです。ただ、個人的にはいつ閉鎖されるか分からない無料版より、お金を払って作られているサイトの方が信頼性は上がると思うのですが。。どうでしょうか。

尚、これが登録時のTOP画面です。
前回とほぼ変わりはありません。新しいコーナーが効いたのか、それとも前回は記入ミスが原因だったのか、もうそれは分かりません。(それともこの仏様がインパクトあったのでしょうか?拡大



再申請、そしてヤフー登録!
4月24日は今でも忘れません。時間があったので何気なくアクセス解析を見ていたら、1時間の間に100近いアクセスが表示されていました。最初は間違えて1週間分とか1か月分の数字を表示してしまったのかと思っていましたが、よくよく見てもやはり1日のアクセス表示です。「何でこんなにアクセスが急に増えているんだ?」最初はまったく分かりませんでしたが、まさかと思いヤフーを見てみると新着コーナーに自分のサイトが紹介されていました。驚きました。てっきり最初に登録通知のメールが来て、それから掲載と思っていましたので。しかもお勧めコーナーにも載っていました。驚きでしたが、それより「いいのかな、本当に・・」という気持ちの方が強かったです。
尚、申請から4日ほど後の事でした。

モデルの村上実沙子さん、映画ライターの渡まち子さん、一緒ですまん! 午後からはアクセス0だったのが、突然増え始める。


その後、アクセス解析を見てみると、どうもヤフーサーファーの方が見に来られたのが15時過ぎ。2回ぐらい来ていました。10分ほど見てから16時台にヤフーに掲載されています。今思えば見に来てもらっただけで、幸運だったかもしれません。

結局この日は471アクセスという信じられない記録(しかも16時以降がほとんど)を出しました。巷ではこの急アクセス増加を、「ヤフータイフーン」と呼んでいるようです。まさに台風でした。


登録、その後・・・
翌25日も新着お勧めコーナーにしばらく載っていたお陰で、それなりのアクセス(588)がありました。もともと1日10〜20アクセス程度でしたので、さすがのヤフーでもこれ以上は無理でしょう。
そんな訳で4月は1667という月間最高記録を作る事ができました。ところが、やはり台風だけあって記載から外れると、あっという間にアクセス数は減っていきます。そして新着からも外れると、ほとんどヤフーカテゴリーからのアクセスはなくなりました。やはりカテゴリーにはたくさんの先輩方の素晴らしいサイトがありますので。

4月のアクセス。月間最高記録を樹立 5月のアクセス。だんだん落ちてきました。


では、何故それでもヤフーか。それはページランクに大きく関係しているのです。
ページランクとは、ロボット型検索大手のgoogleなどが採用しているシステムで、簡単に言えばこの数が大きければ大きいほど、検索順位で上位に表示されるのです。
例えば「旅」という言葉で検索をして、1ページ目に表示される場合と、300ページ目に表示される場合ではアクセス数は当然多く異なります。ページランクが全てではないのですが、これが非常に大切な要素とのことです。ページランクの例を挙げてみると、ヤフーのページランクは8。msnは7。これはもの凄い数字です。個人サイトでは、3から4ぐらい行けばかなり頑張っているサイトだと思います。ちなみにこのサイトは「1」です。最高は10だと思います。

では、どうやってページランクを上げるか。一般的にはより多くのページランクの高いサイトからリンクを貼ってもらう事です。つまりアクセス数の多い、有名なサイトからリンクされているということは、それだけ自分のサイトの信用度もあるという訳です。そしてその最たるものが日本最大のポータルサイト、ヤフーなのです。ヤフーからリンクを貼ってもらうだけで、それだけで信用のあるサイトと判断されページランクが上がるのです。だからみんな頑張ってヤフー登録に挑戦するのです。それを知ったのはまだ最近の事でした。
もちろんヤフーに登録されなくても、たくさんのサイトからリンクして貰えればページランクは上がるはずです。ヤフーがすべてではありませんので。念の為。

でも実際、ヤフーに登録されてからは、googleやヤフー、その他の検索サイトからのアクセスが急に増えました。結果的には登録前の2〜3倍は増えています(⇒2007年8月の時点で10倍近くになっていました。。2〜3倍というのは5,6月の話)。アクセスの多い第3位がヤフー ⇒google検索、2位がgoogle ⇒ヤフー検索です。非常に有難い事です。
でも、他のサイトの管理人さんもよく言われているのですが、1番のアクセスアップの手段は「サイトの内容を良くする事」、これに尽きます。何故ならアクセス第1位は、リピーターの方々からのものだからです。より良い内容を作り、更新を行い、訪問者を気遣ってこそ、初めてアクセス数が増えて行きます。検索サイトからの訪問者は一見さんの場合が多いです。そこからどれだけリピーターが増やせるかが管理人の腕の見せ所です。

ちなみに現在、商用のサイトについては有料でサイト登録申請できるようになっています。100%ではないようですが、かなりの確率で登録されているようです。現在日本は非商用の個人サイトなら無料ですが、いずれ有料化になる可能性もあります。アメリカなどは既にすべて有料との事でした。日本でどれだけ有料化が受け入れられるか分かりませんが、登録を考えている方は早めに申請をした方がいいかもしれません。


大したアクセスもないくせに偉そうな事を書いてしまいましたが、少しでも役に立てればと思います。これからも勉強を続けて行くつもりです。
最後に受け取るのが楽しみだと言うヤフーからのメールを付けておきます。他にも登録してもらいたいサイトはたくさんありますのでみんなで頑張りましょう。



※当サイトはヤフーの「トップ≫趣味とスポーツ≫旅行、観光≫旅行記≫海外≫」に載っています。
※当コラムは管理人の主観に基づいて書いていますので、これで必ずアクセスアップやヤフー登録ができるものではありません。






へなちょこコラムにもどる