TOP世界遺産世界の紙幣世界のゲストハウス旅の持ち物食べ物いろいろ旅の場所ベスト10へなちょこコラム国紹介リンク




旅日記的「タイ旅行のおススメルート」を紹介します。特にこれがいいかどうかは分かりませんが、自分が旅するならこんなルートを周りたいな、って考えが基本になっています。今後のタイ旅行の参考にして下さい。





もし、時間が5日程度しかないなら・・・
首都バンコクとお手軽ビーチ

バンコク→サメット島
タイの首都バンコクとバンコクから3〜4時間で行けるお手軽ビーチ・サメット島へ。サメット島へで2泊するとして3日ほどは欲しいところ。残りはバンコクで買い物や観光する。またサメット島の代わりに近くにあるチャーン島に行っても面白い。
きれいなビーチ満喫2島

バンコク→サムイ島→タオ島
人の多いプーケットをさけ、透明度の高いサムイ島、そしてその北部にあるさらに美しいタオ島に行くコース。サムイ島まではバンコクから飛行機、タオ島まではサムイからボートで。サムイではリゾート気分を、タオ島では本格的なダイビングやシュノーケリングが楽しめる。
もし、時間が7日以内程度しかないなら・・・
山へ、山岳民族のへ旅

バンコク→チェンマイ→パーイ→メーホンソン
タイ北部の山岳民族と自然を満喫する。チェンマイへは飛行機か列車、チェンマイでナイトバザールやトレッキングを楽しんだ後、不思議な街パーイへ。パーイで温泉などゆっくりした後は、メーホンソンへ。メーホンソンでは首長族の村などを訪れる。
タイ、クメール遺跡への旅

バンコク→ピマーイ→カオプラヴィハーン
カンボジアのアンコールワットと同じクメール遺跡タイ版を旅するコース。ピマーイへはコラートから。カオプラヴィハーンへはウボンラチャターニーかシーサケット等からバスを乗り継ぐ。旅慣れていないと7日ではちょっときついかもしれないので、他のクメール遺跡訪問もよい。
もし、時間が2週間程度あるなら・・・
2大遺跡と北部の旅

バンコク→アユタヤ→スコータイ→チェンマイ→パーイ→メーホンソン
タイの2大遺跡、アユタヤとスコータイと北部を楽しむ旅。アユタヤ、スコータイ、チェンマイとバスで北上し、その後は上記のコースと同様北部を楽しむ。帰りは飛行機などで時間を節約し、バンコク観光にあててもいい。
世界遺産への旅

バンコク→アユタヤ→カンチャナブリ→アユタヤ→スコータイ→バンチアン
タイにある世界遺産を旅するコース。カンチャナブリ近くにあるトゥンヤイ・ファイ・カ・ケン動物保護区へは入域禁止なので近くの国立公園に行く。アユタヤ、スコータイとバスで北上し、東北ウドンターニーよりバンチアン遺跡に向かう。結構ハードかな。

※また、2週間あればバンコクからマレー半島を縦断してシンガポールまでの列車の旅もおススメです。
そして同じく、バンコク+アンコールワット(シェムリアップ/カンボジア)への旅も可能です。




おまけ
バンコク満喫3日間

バンコク→アユタヤ
番外編としてバンコク周辺の3日間。
初日の午前中に王宮、ワットポー、ワットアルンを見学。午後からはボートでチャオプラヤーを上りカオサン散策。2日目は朝からアユタヤ観光。バンコクに戻ってきてタイマッサージ、またはスパを受ける。3日目は午前中水上マーケット(ツアーに参加)、午後からウィークエンドマーケット等で買い物をし、夜はオカマショーを満喫。旅行代理店でやってそうなパターンです。水上マーケットを除いてほぼ個人で簡単に行けます。