TOP世界遺産世界の紙幣世界のゲストハウス旅の持ち物食べ物いろいろ旅の場所ベスト10へなちょこコラム国紹介リンク

2018年11月13日〜18日
From Nagoya
1.旅日記ハワイへ行く
2.カイルア満喫!
3.トレック三昧
4.ダイヤモンドヘッドと市内観光



2.カイルア満喫!


カイルアビーチ
カイルアビーチ


2日目は早朝から行動する。
6時に起床、6時半に出発。今日はワイキキから北に向かった先にあるカイルアという街に行く。いわゆるローカルタウンなのだが、結構気になる場所が色々ある街だ。その為早朝から行動する。


カイルアへ行くバスはアラモアナショッピングセンターから直通のバスがある。アラモアナへのピンクトロリーは始発が9時と遅いので、歩いて向かう。15分ほどで到着。少しづつ明るくなってくる。

アラモアナショッピングセンターの海側の道路でバスを待つ。昨日バス停の位置は確認しておいたので安心だ。57番が一番よかったのだが、すぐに57Aのバスがやってきた。運転手に確認するとカイルアまで行くとのことで乗車。
ちなみにこれからずっとお世話になるハワイのバス、その名も「THE BUS」は初乗り2.75$で終点まで行ける。さらに一日乗り放題の「一日パス」が5.5$でその名の通りバスが一日乗り放題になる。今日ももちろん一日パスを購入。ただ細かい小銭が必要なのは面倒だけど。


まだ朝焼け アラモアナショッピングセンター このバスストップで待ちます
まだ朝焼け アラモアナショッピングセンター このバスストップで待ちます


バスの中は意外に寒く、持ってきた長袖を着こむ。カイルアまでは1時間弱。久しぶりにバスの旅を楽しめる。
ワイキキは外れの方まで高い建物が立ち並んでいる。それを抜けるとすぐに山の中へ入っていく。道自体はしっかりしているので危なくはないが、運転がずっと危なかった。運転手がおばちゃんのこのバス、めちゃくちゃ飛ばす。朝、まだ車が少ないのをいいことに、ガンガンスピードを出す。100q/hはゆうに超えていたと思う。ちょっと怖かった。


そんな飛ばしやおばちゃんのお陰か、わずか30分でカイルアに到着。
街の中心部のショッピングセンターなどが並ぶ通りで下車。ここでもグーグルマップが大活躍。素晴らしい。

下車後すぐに向かったのが、ここカイルアで超有名なパンケーキ屋、「ブーツ&ギモズ」である。ここのマカデミアナッツのクリームをかけたパンケーキが何とも美味しそうなのだ。行列店なので早めに来ておきたかった。
時刻は7時半を少し過ぎたところ、開店が7時半なのだが入るとすでに店の半分は埋まっていた。恐るべし。一人でも愛想よく席を案内してくれた。注文はもちろん、「キモズのマカデミアナッツソースのパンケーキ11.99$」。本当はもっとややこしい名前だが、忘れた。それとパイナップルジュースを注文して待つ。


THE BUSの車内 ブーツ&ギモズ 店内
THE BUSの車内 ブーツ&ギモズ 店内


待っている間にもたくさんの人が次々やってくる。半分ぐらいは日本人だろうか。店内の椅子がどんどん埋まっていく。この店はイメージとしてはお洒落なカフェだと思っていたのだが、入ってみるとここも結構スポーツバーって感じだ。ハワイではこんな感じの店がお洒落なのだろうか。やがてパンケーキが運ばれてきた。


ギモズのマカデミアナッツソースのパンケーキ(11.99$)
キモズのマカデミアナッツソースのパンケーキ(11.99$)


こちらも見た目はすこぶる良い。これまで見たことのないようなパンケーキ。早速頂く。
甘い。意外と甘い。予想よりも甘いかな。でもパンケーキの生地にしっかりと味がついており、それほど気にならない。意外にくどくもなくパクパク食べられる。昨日のエッグスンシングスとは大違い。ソースの量も十分にあり、最後まで美味しく食べられた。ここは当たり。

ただやはりまだ慣れないのがチップ。机の上にレシートが置かれたのだが、そこにいつも通りに15%はいくらだなんだとの記載がある。レジに持って行って支払いをするのだが、ここでもチップ込みを払うと思ったがレジではきっちり料理分のみの徴収となった。チップは込みではなかったようだ。机に置いてくるパターンなのか??とりあえずチップ分の小銭をレジに残し退散。あー、めんどくせえ。





店外に出ると時刻はまだ8時ちょっとすぎ。レンタルサイクルを借りる予定なのだが、そこのオープンは9時。ということで、キモズの目の前にあったターゲット(TARGET)というディスカウントストアに入ってみる。この時間から空いているのはありがたい。

店内はアメリカらしくぶっきらぼうな商品配置。でも量や種類は結構ある。服から家電、おもちゃに食料品と何でもある。そんなにめちゃくちゃ広くもなく歩きやすい。価格もディスカウントストアの様で比較的安い感じ。まだこれから今日はトレッキングなどがあるので購入はできないが、帰りにちょっと寄って買うのもいいかも。


山が近いカイルア ターゲット店内 散策が楽しいかも
山が近いカイルア ターゲット店内 散策が楽しいかも


ターゲットを後にし、ゆっくり歩いてレンタルサイクル店へ。カイルアの街は海も近いが、山も近い。交通量も人も背の高い建物もほとんどないので開放感があっていい。ホノルルよりもずっと楽しい。やはり結構お勧めなローカルタウンだ。
レンタルサイクルはカイルアバイシクルと言う日本人経営(?)のお店。すべて日本語なので有難いが、店主ちょっと元気ない。自転車は片方のブレーキしかない古いもの。ほんの少し不安。


だけど慣れないのは自転車じゃなくてハワイの道路事情。やはり日本と違い右側走行なので戸惑う。特に自転車の立ち位置が微妙で、車道を走るのか歩道を走るのか判断が難しい場面が多い。自転車専用地帯がある道はいいのだが、ない場所は車の邪魔になる。左側を日本と同じ感覚で堂々と走る日本の若い人のグループもいるし、結構自転車は無法地帯なのかも知れない。交差点での右左折も難しい。結局最後まで慣れなかった。交通ルールなどクソくらえの東南アジアの田舎が懐かしい。

でも自転車で走るのは気持ちがいい。ブレーキの利きは悪いが、ハワイの乾いた空気の中を山や海沿いを走るのはとてもいいもんだ。古いと思っていた自転車もギーギーガラガラ、という音がノスタルジックな感じがしてだんだん気に入ってきた。電動式の半分バイクのような超速いレンタルサイクルもあって抜かれたりもするが、田舎町には歩くよりちょっと早い位のスピードがちょうどいい。民家や木々等のんびり眺めながら走ったりすると、少しだけハワイに溶け込めたような気がしてくる。





さてカイルアで目指すのはラニカイのピルボックストレイル。美しいラニカイのビーチが一望できるトレイルとして、すでに日本でも有名な場所だ。今回のハワイ旅行はトレッキングをメインに行う予定。今日はその第一弾。気合い入れ行く。

自転車を走らせカイルアビーチパークを過ぎてラニカイに行く小さな峠を越える。結構ここは急な坂で、変速がついていない自転車にはきつい。坂を下ると視界に目立つ山が現れる。恐らくあれが目指す場所だろう。グーグルマップを見ながら自転車を走らせる。


カイルアバイシクル のんびり走る ラニカイモニュメント
カイルアバイシクル のんびり走る ラニカイモニュメント


峠を越えたら本当にすぐに着く。でもこの辺り結構坂が多く、自転車では辛いかも。登山口近くに自転車専用の駐輪場らしき場所があり、そこに停車。しっかりロックし登山口へ向かう。
駐輪場からすぐの場所に登山口を発見、はやる気持ちを抑え日本から持参したトレッキングシューズに履き替える。小さいと言えどもそれなりの山。安全には十分注意したい。


遠くに山が見える 駐輪場 登山口
遠くに山が見える 駐輪場 登山口



カイルアは昨晩雨が降ったのだろうか、登山道が濡れている。雨期だから仕方ないのだが、これが結構滑る。ここらの土はどちらかと言うと粘土質に近い感じかな。踏み固められた土に雨が少し降ると、とても滑りやすくなる。実際トレッキングシューズを持参したが、それでもかなり滑った。乾季ならまた違うかもしれないが、雨期にはトレッキングシューズは必須である。

最初は草が生い茂る道が続く。すぐに岩交じりの粘土質むき出しの斜面に変わる。登山者は結構多いが、ちゃんとしたトレッキングシューズを履いていたのは半分ぐらいか。残りの大半は普通のスニーカー。一部サンダルもいるが、かなり危険だ。この状況ならサンダルよりも逆に裸足の方がいいかも。それにみんな薄着過ぎ。。短パンはもちろん、ビキニのような格好で登る人もいる。少なくともここではお勧めしない。


草が生い茂る でかい岩 かなり滑る
草が生い茂る でかい岩 かなり滑る


傾斜もそれなりにある。実際手を使って登らなければ危ない箇所もある。完全なハイキングコースでは間違いなくない、ここは。
それでも登り始めて10分ほどで視界が開ける。ラニカイの美しい海が見渡せる。これは嬉しい。ここからは尾根沿いに歩く感じだ。

右手には今朝、バスで走り抜けてきた山々が雄大に立ち並ぶ。左手にはラニカイの海。少し上ると後方にもカイルアの海や半島が見渡せる。短時間で登れる山としては抜群の景観だろう。


視界が開けた 尾根沿いに歩く 右手には雄大な山々も
視界が開けた 尾根沿いに歩く 右手には雄大な山々も


美しい景観に助けられながら、傾斜のある斜面をひいこらひいこら登っていく。昨晩の雨が今日の強い日差しに当たり蒸発し、蒸し暑くなる。幾分風もあるので助かるが、結構な量の汗が出る。

でも振り返るとカイルア湾を一望できる素晴らしい景色が広がる。


カイルア湾を一望
カイルア湾を一望


これが山の楽しみ。雄大な景色を楽しめる。まあそれでも結構ひーひー言っているのであまり余裕もないのだが。
再び登り始める。日差しがきつい。滞在中にハワイの山を幾つか登るのだが、基本ほとんどの場所で日陰になるような場所はない。直射日光を受けながら登る。足場も悪い場所もあるので気を付けて登りたい。


ラニカイの海 直射日光が強い 足場が悪い場所もある
ラニカイの海 直射日光が強い 足場が悪い場所もある


登山口から30分ほどでひとつ目のピルボックスに到着した。
ピルボックスとは戦時中に作られたトーチカ(鉄筋コンクリート製の防御陣地)のことで、今は役目を終えてトレッキングのビューポイントや休憩場として利用されている。
またこの辺りから天然のサボテンが自生している。いつも行っている日本の山では見られない植物だ。ハワイらしくていい。


ピルボックス サボテン さらに道は続く
ピルボックス サボテン さらに道は続く


最後の残りの道を行く。ここまで来ればゴールはもうすぐそこ。結構疲れてきているが頑張って歩く。
時間にして5分程度だが、ヘロヘロになって到着。普段の運動不足がてき面に出た。ここのピルボックスはちょっと大き目になている。内部にも入れるが落書きが酷い。特にみるものはないかな。


ゴールのピルボックス 景色がいい 内部は落書きだらけ
ゴールのピルボックス 景色がいい 内部は落書きだらけ


一応ここが最終ポイントになっているので多くの人が休憩している。そしてやはり景色がいい。


ピルボックスからの景色
ピルボックスからの景色


ビーチ沖に浮かぶふたつの島は「モクルア島」と呼ばれる双子島。向かって左がモクヌイ。モクはハワイ語で「島」、ヌイは「大きい」との意味。右はモクイキ。イキは「小さい」との意味だそうで「小さい島」のこと。そして「ふたつ」という言葉は「ルア」だそうで、ふたつの島を合わせて「モク(島)ルア(ふたつ)」と呼んでいるそうだ。

何にせよ晴れた日の南国の海の色は素晴らしい。ターコイズブルーの美しい青色に空の色が映える。ここは風もあるので休憩にはとても良い。後であのビーチにも行く予定だが、やはり楽しみだ。

周りの景色もとても良いのでパノラマでも撮影。


ラニカイ一望
ラニカイ一望


やはり写真が小さいかな。。壮大さが伝わらないのが残念。やはり訪れるのが一番。

カイルアの名所になっているのでどんどん人が来る。入れ代わり立ち代わり人がやって来る。十分に写真を撮った後、下山。山頂付近は十分に日が当たり土も乾いてあまり滑らなくなっているが、日陰部分などはまだやはり危ない。トレッキングシューズを持ってきて正解であった。


人が絶えないピルボックス 帰ります シリオのトレッキングシューズ
人が絶えないピルボックス 帰ります シリオのトレッキングシューズ


すぐにひとつ目のピルボックスに到着。登ってきた際は人が多くてピルボックスには乗れなかったので下山時に上ってみる。
景色はもちろんそんなに変わらないが、とても気持ちがいいのでどうしても上りたくなる。ただ柵などは全くないので注意したい。


ひとつ目のピルボックス モクルアが見える カイルア湾方面
ひとつ目のピルボックス モクルアが見える カイルア湾方面


帰りは特に滑るのゆっくり慎重に下る。
ゆっくり登り休憩し、下山して往復約1時間半弱。再び登山口まで戻ってきた。短いショートトレッキングだったが、難易度と言い景観と言い素晴らしいトレッキングであった。何より感心したのがゴミが全く落ちていないこと。ハワイ人も観光客も、モラルある登山者が多くて嬉しい。ラニカイトレイル、かなりお勧めである。



再び自転車に乗り先ほど上から眺めたラニカイビーチへ向かう。
帰りは下りが多いので自転車だと非常に楽だ。ラニカイビーチは家と家との間などから進む。細い路地を抜けると海が広がる。


ラニカイビーチ
ラニカイビーチ


全米ナンバーワンに輝いたこともあるビーチだそうだ。
もちろん奇麗なビーチではあるが、、、どうしてもモルディブを見てしまうとどこも霞んで見える。ワイキキよりはずっと良いと思うが。一応ハワイ語で「ラニ」は天国、「カイ」は海の意味だそうで、ラニカイとは天国の海とのこと。昔はもっと奇麗だったのかな。それにしても「全米ナンバーワンビーチに選ばれ・・・」って表現よく目にする。

少しビーチを散策。人が少な目でやはりゆっくり泳いだり寛ぐならお勧めの場所だ。白人も多いが、日本人も多い。少し散策して自転車に戻りビーチを後にする。


路地の奥にビーチがある 人も少な目でいい 先ほどのラニカイトレイルが見える
路地の奥にビーチがある 人も少な目でいい 先ほどのラニカイトレイルが見える


自転車をこぎゆっくりとカイルアに戻る。
ゆっくり走る自転車の旅はとてもいいもんだ。のんびりのんびり進む。自転車のギシギシと言う音も何だかのんびり具合に拍車を掛けてくれていい感じだ。

ラニカイ峠を越えてカイルアビーチパークに入る。奇麗に整備された公園で、カイルアのビーチが堪能できる。トイレなどもありピクニックできても良さそうだ。まあ海はそれ程でもないが、雰囲気はいい。のんびりするにはここもいい場所だ。


公園内の自転車ロード カイルアビーチパーク
公園内の自転車ロード カイルアビーチパーク カイルアビーチ


カイルアビーチの後はふらふらと自転車をこぎ市内へ。
昼食に選んだのはハワイらしくハンバーガー!テディーズビアーバーガーと言うアメリカのチェーン店。ハワイ初のハンバーガーに挑戦。店内に入るとアメリカ!って感じがしていい。昼時とあって結構混んでいる。

注文したのはオリジナルハンバーガー。サイズが「BIG / BIGGER / BIGEST」の三種類しかないのは「全部BIGやんけ!」とツッコミを入れて笑った。
コンボとしてポテトフライとドリンクを付ける。これで通常のセットメニューになる。ドリンクは空の容器だけ渡されて隣にあるドリンクバーで飲み放題。トレッキングとサイクリングで喉がカラカラだったのでガンガン飲みまくった。出てきたハンバーガー、やはりでかい。。大きさにしていつも日本で食べるハンバーガーの倍ぐらいはありそうだ。またポテトも大きい。味もまずまず。肉が分厚くしっかりと肉の味がするのがいい。
ただやはりおっさんには大きすぎてポテトを少々残してしまった。アメリカサイズ、大きすぎ。


テディーズビアーバーガー 店内は結構にぎわっている BIG+コンボ(11.28$)
テディーズビアバーガー 店内は結構にぎわっている BIG+コンボ(11.28$)



時計を見ると13時過ぎ。自転車の返却は14時なので先に返却することにした。
自転車を返してからは再び徒歩での移動となる。最初に入ったのは途中にあった「ホールフーズ(WHOLE FOODS)」というスーパー。特に目ぼしい物はなかったがたくさん売られていたエコバッグとお菓子を数点購入。


再び徒歩で ホールフーズ 目ぼしい物はなかった
再び徒歩で ホールフーズ 目ぼしい物はなかった



その足で午前中に寄ったターゲットへ。
ここで家に残してきた嫁に無料ビデオ電話を掛け、欲しいものを選ばせる。結局バッテリーがなくなる寸前まで嫁の指示のもとで買い物を行った。楽しかったがかなり疲れた。便利になった世の中とは言え、何だか複雑な心境である。。


かなり荷物が増えてしまったのでそろそろ帰ろうかと思う。ふらふらとバス停がある方へ歩き、まだちょっとだけ時間に余裕があったので、冷たいものを飲むことにした。ラニカイジュースと言うスムージーなどが売っている店へ。適当に注文し、外のテーブルへ。ここで日記や絵葉書などを書く。かなりまったりとする。


ターゲット再び ラニカイジュース スムージー(5.45$)
ターゲット再び ラニカイジュース スムージー(5.45$)


帰りは57番のバスで帰宅。
時間が時間なのかとても混んでいて座るのに苦労した。道も混んでおり結局1時間近くかかった。下車も行き同様、アラモアナショッピングセンターで降り、ここからはトロリーバスでホテルに戻る。
夕食は疲れたのでホテルにあるABCストアにてスパム寿司を購入。ハワイで食べてみたかった物のひとつだが、、美味くも不味くもない。ごはんがダメだなあ。硬すぎる。おにぎりぐらいでかいし。ビールを飲んで就寝。



バス停 横断歩道を利用時はこのボタンを押す 夕食
バス停 横断歩道を利用時はこのボタンを押す 夕食


明日はココヘッドトレイルに向かう。
どんな一日になるのかな。




データ:
THE BUS 一日乗車券 ・・・ 5.5$
レンタルサイクル(5時間) ・・・ 21$(うち3ドルは保険)





3.トレック三昧

Homeにもどる