TOP世界遺産世界の紙幣世界のゲストハウス旅の持ち物食べ物いろいろ旅の場所ベスト10へなちょこコラム国紹介リンク

2012年9月10日〜17日
From Nagoya
モルディブ旅行記 〜アンガガ・アイランド・リゾート〜

1.長い移動、そして楽園へ
2.リゾート滞在
3.スノーケリングとエクスカーション
4.束の間のマーレと帰国
5.モルディブ情報



2.リゾート滞在

翌朝は午前6時に目が覚める。
よっぽど疲れていたのか、昨夜はベッドに入ってからの記憶が一切ない。気持ちいいほどの爆睡だ。
さて、朝起きてまずは部屋のカーテンを開ける。

「ああ、よかった。」


朝のモルディブの海 今日も快晴 シートに座りながらコーヒーを飲む
朝のモルディブの海 今日も快晴 シートに座りながらコーヒーを飲む


当然だが、昨日見たモルディブの海が広がっている。安心した。それにしても、あまりに広くて穏やかな海に改めて心が揺さぶられる。まだ陽が昇っていないので、海はそれほど輝いてはいないが、独特のエメラルドグリーンの色は今日も健在。
まだ涼しいのでコーヒーを沸かし、デッキのシートで頂く。涼しい風が吹き抜け気持ちがいい。そうそう、ちなみにこのコーヒー、ベトナムコーヒー。インスタントだがかなり美味しい。波音を聞きながら朝の海を眺め、コーヒーを飲む。今日も快晴。いい一日になりそうだ。




支度をして8時前にレストランへ行く。水上コテージのドアを開けると今日も美しい光景が目に入る。


水上コテージから
水上コテージから


ここを歩いてレストランに向かう。何とも気持ちがいい。
朝食は人が少ない。メニューもそれほど多くはない気がする。でもオムレツを焼いてくれるのは嬉しい。フルーツジュースとコーヒーも無料で飲めた。朝に関して言えば、水は買わなくても良さそうだ。


ジュースは飲み放題 オムレツを焼いてくれる 朝食♪
ジュースは飲み放題 オムレツを焼いてくれる 朝食♪


食事後、レセプションの一角にあるコーナーにエクスカーションの申し込みを受け付けている場所を通る。A4の紙に様々なエクスカーションが記載されており、希望するものがあれば部屋番号と名前を書き込むシステム。
とりあえずアイランドホッピングとスノーケリングツアーを申し込む。モルディブではメジャーなツアーかな。料金はそれぞれ20ドル、18ドルとあるが、プラスでサービスチャージが云々とあり、一体幾らなのがはよく分からない。

またついでにハネムーン特典である「ビーチディナー」を申し込む。これは昨日のチェックイン時に渡された紙で、希望する日を書き込んでフロントで渡す。空きはあるみたいで今夜で決まった。19時45分にメインバーに来いとのことだ。


部屋に戻り水着に着替え、ビーチへ。




本当に信じられないような景色が広がっている。天気が良いのもまた嬉しい。少し記念撮影をしてスノーケリングを始める。
水上コテージ付近とは違い、桟橋あたりはサンゴが結構あって泳いでいても楽しい。まだ水中での撮影に慣れていないが、かなり楽しめる。水中でも撮影できるデジカメは大活躍だ。


さてスノーケリング アジの仲間 サンゴ


嫁はしばらく水と戯れて「疲れた」と言って部屋に戻って行った。というわけで一人でスノーケリングを続ける。泳ぎながら写真を撮るというのは結構疲れる。マスクやデジカメ画面を見ていると酔ってくる。スノーケリングもまだまだ慣れていないな。


しばらくして部屋に戻りシャワーを浴びると12時ちょっと前。なるほど昼食は12時半からだが、午前中行動するとちょうどいい時間になる。
昼食も驚くほど人が少ない。みんなどこかへ出かけているのだろうか。

昼食後、少しビーチを散歩して撮影をする。今回はインターバル撮影。三脚を使い同じ構図で何枚も撮る。時間はかかるが後で繋げると面白い動画になる撮影法だ。パラパラ漫画の原理。それがこれ。


インターバル撮影(ビーチ)


まずまずかな。作り方は前に紹介したのがあるので、そちらをどうぞ。
ビーチにシャッター音が響く。白人とかは結構「何してんだ?」って感じで見てゆく。まあ気にしない。


撮影後、部屋に戻る。部屋に戻るとベッドがハネムーンデコレーションされていた。そういえば確かに昨日、「明日ベッドデコレーションするよ」と言われていた。なるほど。悪いもんじゃないな。ただ、ネットで先にたくさん見てしまって感動は少ない。。
それはそうとこれ、片付けが大変。花などはまだいいのだが、そこに小さな蟻などの虫がついていて退治するのに苦労した。


レストラン入り口 海の色はいつ見ても凄い ベッドデコレーション
レストラン入り口 海の色はいつ見ても凄い ベッドデコレーション
天気もいいな 船乗り場 ビーチコテージ
天気もいいな 船乗り場 ビーチコテージ



部屋からまた写真を撮る。再びインターバル撮影も行う。綺麗な風景を見ると、もう我慢できなくなる(笑)。


インターバル撮影(モルディブ・アンガガアイランドリゾート)


写真を撮影しつつ部屋でこれまで撮った写真の整理。重かったがPCを持って来て良かった。編集もできるし、何よりデータのバックアップになる。


16時過ぎに再び泳ぐ。
水上バンガロー付近は何もないので、ちょっと遠いが桟橋の方へ向かう。途中エイに遭遇。こ、怖い。。。あれに刺されて死んだ人もいるようだし。海って彼らのテリトリー。何が起きるかわからない。
桟橋付近はサンゴがたくさんあって楽しいのだが、潮が引いてきているのがやけに水深が浅くなっている。浮かんでいてもサンゴにもすれすれになってしまい怖い。近くでサンゴを見るとなんだかリアルで不気味。怖い怖い。逃げるように浜へ。美しいモルディブの海とはいえ、やはり海って苦手かも。




さて夕方まで部屋で休憩し、約束通り19時45分にメインバーに行く。しかし遅い時間だ。。腹減ったぞ。。
到着するとまずはカクテルを出された。リゾート初のお酒。空腹と疲れてでちょっとほろ酔い。結局20時過ぎからビーチに案内されて食事が始まる。
綺麗な星空の下、波の音を聞きながらコース料理を頂く。味はまずまずだが、どうもブッフェから持ってきたような料理のような気がしてならない。暗くてよく見えないが違うのかな。
また、出されるのも遅い。それに多い。全部で1時間半も掛かって食べるので、寒がりの人は上着があった方がいい。モルディブでは小さな島が多いので海風が結構吹きつける。ちなみにドリンクは別料金。最後に請求書にサインする。なおこのコースを普通に申し込むと100ドルだそうだ。高っ。


レセプションにいる猫 エイ ビーチディナー
レセプションにいる猫 エイ ビーチディナー


部屋に戻ると22時30分過ぎ。疲れた。眠い。。



翌日は6時半に起床。今日も素晴らしい快晴。モルディブの見事な景色が広がっている。朝はまだ涼しいので、今日もコーヒー♪昨日書けなかった日記を書く。そう、このサイトの題名の由来。旅先で書く日記は楽しい。本当は夜の屋台でビールでもひっかけながら書くのが一番なのだが、、まあ、それは無理。

朝食を食べてからまたスノーケリングに出かける。今日は水上飛行機が到着した桟橋付近を攻める。ここら辺のサンゴはハードコーラルと言って綺麗だそうだ。
さっそく潜る。

「うわっ、怖っ。」


ここから潜ります 黒いサンゴの壁 この魚いつもいる
ここから潜ります 黒いサンゴの壁 この魚いつもいる


遠くからではよく分からなかったが、近くへ行くと突然サンゴや黒い壁のように現れる。何だか不気味だ。。後で写真を見るとそれほどでもないが、何だか怖い。。予想以上にサンゴの壁が厚くて、上も泳げない。
しばらくサンゴを撮影して、また水上コテージの桟橋付近で潜る。やっぱりここがいいや。適度のサンゴに水深もある。魚もそれなりにいるしね。


桟橋付近に戻ってきた 水深があって泳ぎやすい サンゴ
桟橋付近に戻ってきた 水深があって泳ぎやすい サンゴ
見えるのはコーヒーショップ 見惚れるような色 海からコテージを眺める
見えるのはコーヒーショップ 見惚れるような色 海からコテージを眺める


11時半まで泳いで部屋に戻る。
それにしもモルディブの海。ありえない冗談のような景色が今日も広がっている。水上バンガローもいつ見ても絵になる。すごいもんだ。




しかし白人というのは日焼けが好きなもんだ。スノーケリングも水着だけ。ラッシュガードのようなものはほとんど見かけない。まるで焼き魚だな。浜辺でみんな焼いている。

昼食後は水上コテージの一番奥にあるサンセットバーへ。一番西に位置しているので、夕焼けが綺麗に見える場所だ。まだ昼過ぎなので夕焼けはないが、代わりにモルディブの美しい海が広がっている。


サンセットバ― ブルーモルディブ(7ドル) 酒も美味いはず
サンセットバ― ブルーモルディブ(7ドル) 酒も美味いはずだ


注文したのはブルーモルディブ(7ドル)とスプライト(3ドル)。正直、名前につられた。それはいいとして、遮る物のないモルディブの海を眺めながら、昼からカクテルとはいやいや贅沢だ。

19時30分を待って(これまでが長い!)、夕食へ。
毎回同じ席だからもう慣れた。明日のエクスカーションを確認して、部屋に戻り就寝。


今日も一日終了



データ:
両替レート ・・・ 1ドル⇒15モルディブルフィア
サンセットバー ・・・ ブルーモルディブ(7ドル)、スプライト(3ドル)







3.スノーケリングとエクスカーション

Homeにもどる