TOP世界遺産世界の紙幣世界のゲストハウス旅の持ち物食べ物いろいろ旅の場所ベスト10へなちょこコラム国紹介リンク

2014年10月2日〜5日
From Nagoya
宮古島子連れ旅行記

1.ゴーヤーちゃんぷるー
2.宮古ブルー
3.宮古島と那覇



2.宮古ブルー

翌日は6時に起きる。愚息は既に起きて暴れている。
窓を開けて外を確認すると、やや風は強いが空は明るい。何とか行けそうかな。日が進むごとに台風の影響を受けるので、できる限り今日行ける所は今日中に行っておきたい。

7時にホテルのレストラン・シャングリラへ。すでに多くの人で賑わっていた。みんな早いなあ。
バイキング形式だが、食事の種類は多い。とてもとても食べきれる種類ではない。味もよく、沖縄の食べ物も少し入れられており楽しい。今回は室内に座ったが、外でも食べられるようで明日は外にしようと思う。波の音を聞きながら食べる朝食も良い。
ちなみにここでも息子は人気者。レストランのお姉さんに愛嬌振りまき、そして隣に座ったおばさんをも虜にしている。末恐ろしい。


部屋の窓から 朝食バイキング ビーチへ散歩
部屋の窓から 朝食バイキング ビーチへ散歩


食後にビーチを散歩しに行く。
今日は天気も良くて、まだ朝だが海の色も美しい。やはり宮古島の海はちょっと違う。昼になればもっと輝くのかな。楽しみだ。


美しい与那覇前浜ビーチ
美しい与那覇前浜ビーチ


さて、部屋に戻り今日のプランを練る。
基本的に太陽は東から登るので、東の海岸に行っても逆光になり綺麗な写真は撮れない。順光を考慮すると、必然的に朝は西の海岸がいい。と言う訳で、島の西にある観光地を目指すことにした。まずは砂山ビーチ。


8時50分にホテルを出発し、北へ北へと走る。
車が少ないのが宮古島なのだが、走っている車は地元の人(特に高齢者)の運転が目立つ。公共交通機関が少ないので、どうしても車が足になってしまうのは仕方がないと思うが、その運転がちょっと危ない。左右も確認せずにいきなり突っ込んで来たり、これはどちらとも言えないのだが30km/hぐらいでゆ〜っくり走ったり。これが島の流れなのかな。





9時15分には砂山ビーチに辿り着いた。ナビ様々である。
無料の駐車場に車を止め、ビーチの砂が敷かれた小さな丘を登って行く。幸い真夏ではないので暑くはない。いろんな人のHPにこの丘がしんどいとあったが、山登りをしている者にとってはなんてことはないレベルだ。


ホテルの前にあるカジュマルの木 砂山ビーチの無料駐車場 この丘を登る
ホテルにあるカジュマルの木 砂山ビーチの無料駐車場 この丘を登る


でも丘の上に立って二つびっくりした。
ひとつはもちろんその風景。


砂山ビーチから
砂山ビーチの丘から


白い砂にが広がり、その先には宮古島の美しい海が、宮古ブルーが広がっている。

そしてもうひとつは砂と風。
台風の影響だろうが、海から吹きつける強烈な風が砂を巻き上げ、サンドストームのように体に当たる。特に半ズボンの素足にはバシバシ当たって痛いぐらいだ。さらに悪いことに、ここの丘の上はちょうど「じょうご」の先のようになっており、風の通り道が狭まり強くなる。痛い痛い。

早足で砂山を下ると、絵葉書にもよくある超有名な風景が飛び込んできた。



砂山ビーチ
砂山ビーチ


事前にいろんな人のHPで見過ぎたせいか、感動はあまりない。
でも実際見てみるとやっぱり迫力のあり風景である。名所になるのも分かる。ただこのビーチ、意外と結構狭かった。両側を岩壁で囲まれており、その間の一部がビーチとなっている。またこの岩のすぐ左には、商売をしている人がおり、正直ちょっと興覚めな感じもする。

まあでも、風は強いが青い海に白い砂浜。今日は青い空もある。十分だろう。
しばらく写真を撮っていたが、やっぱり風が強いのでずっとは居られない。近くにいた白人夫婦はこの高波の中泳ぎだしたが、大丈夫だろうか。
ひっきりなしに観光客もやって来る。さすが超有名観光地。そして極めつけは高校生の団体。発見や否やすぐに退散。バス3台でやって来ていた。


左側に店がある 波は高い パラソルは休業
左側に店がある 波は高い パラソルは休業



次はせっかく北の方まで来たので、池間大橋まで足を伸ばすことにした。西側にある海は午前中に見ておきたい。
ところが何故かナビを南にある来間大橋にセットしてしまい、南に走り出してしまった。
途中でパイナガマビーチが現れてびっくりして間違えに気が付いたのだが、下手したらそのまま南まで走っていたかもしれない。まあ、せっかくだからこのビーチにも寄ってみた。
海自体は綺麗だが、まずまずってところだろう。風も強いので泳いでいる人もいない。

ついでのついでに近くにあった人頭税石を見学。
これは江戸時代薩摩に侵略され、財政に窮乏した琉球王府が15歳から50歳で身長143p以上の島民に課した悪しき税金で使われたもの。この石より高くなったものは税金を払わされたという。実際とても小さな石であった。


改めて池間大橋を目指す。
ナビは順調に北へと導くが、それにしてもこの宮古島の風景は、まさにタイそのものである。サトウキビ畑にヤシの木。コンクリートの飾り気のない家。ここに来て初めて知ったのだが、日本の瓦屋根の家が全くない。だから日本っぽくないのだ。


パイナガマビーチ 人頭税石 景色はタイの田舎
パイナガマビーチ 人頭税石 景色はタイの田舎



約20分ほどで池間大橋に到着。いやいやすごい色だ。


池間大橋の宮古ブルー
池間大橋の宮古ブルー


池間大橋の手前にちょっとした休憩所があり、そこから海や橋が眺められるのだが、ここからの海の色がなんとも癒しの色である。
美しい南国の海の色。ブルーというよりはミルクブルーとでも呼ぼうか。美味しそうでもある。まさに光と海の加減であろうが、まさに奇跡である。これが海だといわれても実感がわかない。

池間大橋を渡る。残念ながら橋からは運転しているのであまり景色を堪能できないが、十分に美しいことは分かる。
池間島はあまり時間がないのでそんなに滞在せず、お昼近くになって来たので東の海岸にある吉野海岸に向かうことにした。目的はスノーケリングである。


池間大橋 最高の駐車場 レンタカーのマーチ
池間大橋 最高の駐車場 レンタカーのマーチ


車を南へ走らせる。ナビに頼っているので実際は南かどうかも分からないが、信号機の少ない道をどんどん走る。
しかし、やっぱりこの目に入ってくる風景は、タイだなあ。タイの田舎の風景。サトウキビ畑が続くし、南国の木々。何とも懐かしいような、不思議な感じがする。


結構車を走らせ、ようやく吉野海岸に到着した。
駐車料金の500円を払い、車を止め、さっそくスノーケリングの準備をする。
ちなみに吉野海岸は、この駐車場から海岸までは少し下り坂になっており、車の送迎が必要である。先に払った500円にその送迎代が含まれているようで、準備ができ次第送ってくれる、帰りは携帯番号を教えてくれるので、そこに掛けると迎えに来てくれる仕組みだ。





さて、ラッシュガードを着るために更衣室に入ったのだが、入って固まってしまった。
「ラッシュガードの上着を忘れた。。」

この宮古島旅行の為にわざわざ買った長袖のラッシュガードを、ホテルに忘れてきてしまったのだ。
なんてこった。。
この強い陽射しの中でラッシュガードなしで泳いだら、すぐに日焼けどころか火傷になってしまう。学生の頃に痛い目に合っているのでよく分かっている。
どうするか。。とは言え、ラッシュガードなしで泳げないので取りに帰るしかない。
幸い駐車場はその日なら何度でも利用可能だそうで、仕方なしに東急リゾートまで戻ることにした。


良くないのだが、ちょっと飛ばした。安全運転をしている島の人にははた迷惑な観光客だったろうが、時間の限られている身にとっては仕方がない。とは言え、ちょっと反省。
急いでホテルに戻り、とんぼ返りで吉野海岸へ。途中お昼になっていたので、丸吉食堂に入る。
あまりよく調べず、と言うよりたまたま走っていて見つけただけなので、メニューを見て少し驚いた。全部「宮古そば」である。
まあ、その方が決めやすくて良いが。


車内から。やっぱりタイみたい。 ホテルの部屋から 丸吉食堂
車内から。やっぱりタイみたい。 ホテルの部屋から 丸吉食堂


ソーキそば(700円)と宮古そば(500円)を注文。入っている豚肉(ソーキ?)は柔らくて非常においしい。が、麺等はごく普通であった。沖縄でも食べたが、沖縄のそばってこんなもんなのかな。
そばを食べた後でアイスキャンディーを出してくれた。食べてすぐ分かる。サトウキビで作ってある。昔懐かしい感じだ。


ソーキそば 宮古そば アイスキャンディー
ソーキそば(700円)
ソーキ(肉)が美味しい
宮古そば(500円)
麺の下に具が入っている)
アイスキャンディー
さとうきびでできている



13時半、ようやく吉野海岸へ戻ってきた。
すぐにラッシュガードに着替え、送迎車に乗り込む。まあ、ちょっと面倒だな。ハイシーズンで人が混んでいる時なんかは、待たなければならない感じだし。
車はミニバン。後部座席はタイのソンテウ(タイの乗り合いタクシー)みたいになっていた。やはり日本っぽくない。

2,3分で到着。
駐車場で一応今日のスノーケリングができるかどうか聞いてみてOKだったのできたが、やはり波が高い。台風はまだ遠い場所だが、確実に影響が出ている。
モルディブ以来約2年ぶりにスノーケリングセットを装着して、いざ波高し海へ突入!

・・・波が高い。
辛うじて泳げないことはないが、泳いでいても体を持って行かれることがある。吉野海岸は数メートル泳ぐだけでサンゴ礁に辿り着けるのだが、その数メートルですら危ない。仕方がないので手前の方にある小さなサンゴを眺めているが、これでも結構大変。ちょっと流れの速い所へ行くとコントロールが利かない。無理にもがくと一気に体力を消耗する。自然の恐ろしさを前に一瞬背筋がぞくっとする。

結果。10分ほどで遊泳を諦める。
一緒に来ていたカップルも自分より少し長めにスノーケリングをして撤退していった。海も少し濁っているし、何より安全第一。もうスノーケリングは十分だ。サンゴはやっぱりちょっと、、あまり綺麗とは思えない。


吉野海岸 美しいが波が高い サンゴ礁
吉野海岸 美しが波が高い サンゴ礁


携帯で迎えを呼び、駐車場へ戻る。シャワーを浴び(シャワー室は男女一つずつ)、吉野海岸を後にする。


次に向かったのは、宮古島でも絶景で有名な東平安名崎(ひがしへんなざき)。ここ吉野海岸から10分ほどの距離だ。
現在14時半。ネットで調べて東平安名崎のベストタイムは14時以降とのことだったので、まさにぴったりだ。
あっという間に岬に到着。
ここの一番先に灯台があるのだが、その少し手前に駐車場があり車で入れるのはそこまで。灯台までは徒歩だ。人もそれほど多くなく、風も吹いていてゆっくり歩ける。
断崖絶壁の先に立つ灯台だが、今日は台風の影響でやたら風が強いので風景を見る際も気を付けて見る。特に息子はしっかりと抱いていないと、落ちたら大変だ。ちなみに灯台へは200円で登れるが、風も強いし危なそうなのでやめた。


絶壁の先に海が広がる 東平安名崎 灯台
断崖の先に海が広がる 東平安名崎 灯台


帰りは岬から伸びたCMでも使われている気持ちよい道を車で飛ばす。
そしてこの半島の付け根辺りで二手に分かれる道があるのだが、そこに入りちょっと登るとこの東平安名崎の絶景ビューポイントがある。


東平安名崎の絶景
東平安名崎の絶景


ここからの眺めが一番。
美しい海と断崖が綺麗にかみ合っている。今日は波が高いが、ここからの風景に関して言えば白い波もいいアクセントになっている。東平安名崎はここからの写真はどれもパッとしなかったので、最後にここに来れてよかった。
ただしここも非常に風が強い。一応柵などはあるが、写真を撮る際には気を付けた方がいい。





ホテルに帰る際に新香茶(あたらかちゃ)へ寄った。宮古島はいろんな名称が難しい。
ここの目的はマンゴーパフェ。残念ながらマンゴーの季節は8月頃で終わってしまっているが、マンゴー関連の商品はたくさんある。
店はサトウキビ畑の中にあり、2Fのテラスから眺める風景はとても落ち着く。真夏は暑いだろうが、この季節はちょうど良かった。

肝心のマンゴーパフェだが、美味い!
800円とやや高めだが、熟した甘酸っぱいマンゴーをふんだんに使っており、アイスクリームとの相性も抜群。お洒落な店内とサトウキビの風景を眺めながらの800円なら決して高くはない。ほぼすべての客がこのマンゴーパフェを頼んでいた。一緒に頼んだアイスコーヒー(400円)は普通。
あとここの店員の人達がみな愛想がよく、気持ちよい接客には自然と居心地も良くなるもんだ。


新香茶 雰囲気の良いテラス マンゴーパフェ(800円)
新香茶(あたらかちゃ) 雰囲気の良いテラス マンゴーパフェ(800円)


夕食は簡単に済ませ、早めにホテルに戻って休憩する。
随分と久しぶりにこのサイトの名称にもなっている旅の日記をつける。本当に随分と久しぶりに書くのですぐに手が痛くなってしまった。
夜は宮古島も涼しく、エアコンは要らないようだ。



データ:
吉野海岸駐車場 ・・・ 500円/台。1日有効。海岸までの送迎付き。






3.宮古島と那覇

Homeにもどる