TOP世界遺産世界の紙幣世界のゲストハウス旅の持ち物食べ物いろいろ旅の場所ベスト10へなちょこコラム国紹介リンク

2020年2月21日〜3月1日
From Nagoya

1.いざ!ボラカイへ
2.素晴らしきかな、ボラカイビーチ
3.COAST HOTEL
4.セブ島とボホール島ツアー
5.初めての台湾



2.素晴らしきかな、ボラカイビーチ


楽園・ボラカイ
楽園・ボラカイ


疲れているせいもあってゆっくりと休むことができた。「フエホテル」、リラックスできるなかなかいいホテルである。
朝食は7時半頃向かう。ホテル中央のプール脇にレストランがあり、そこが朝食会場になる。島だけあって朝は涼しい。プールの水音が耳に心地よく、程よい風が流れる。プールに一番近い席に座り朝食とする。

品数はまずまず、味は美味しい。そんなにたくさんは食べられないので少しづつつまむ程度だが、それでも十分お腹一杯になる。フィリピン料理もあったので食べてみたが、結構美味しい。ご飯が美味しいのは本当に助かる。食後、海で泳ぐ準備をしてビーチへ向かう。

心地良い朝食会場 朝食 ビーチへ!
心地よい朝食会場 朝食 ビーチへ!



ホワイトビーチと呼ばれるボラカイ島随一のロングビーチへ路地を歩く。
まだ午前9時だというのに道にはたくさんの人が歩いている。地元の何かお土産を売る人や旅行者、ツアーの勧誘などたくさんだ。警察署もあり警官もよく見かける。ボラカイの治安の良さはこういうところにも起因する。


そしてビーチに着いた。

ホワイトビーチ
ホワイトビーチ


まず最初に飛び込んできたのがこの景色。
既に楽園である(笑)。

周りを海に囲まれた小さな島なのでマニラのような暑さはない。風が心地良い。日に当たって動いていると汗ばむぐらいかな。日光は強い。それよりも湿度。とても湿度が低くてサラッとしている。日本の夏のようなじとっとしたまとわりつくような暑さはない。




少し写真を撮り、愚息と早速海へ。
まだ少し引き潮のようだが、ホワイトビーチと呼ばれるその砂の目は細かく色も白い。海に入ると意外と水はひんやりしている。まだ午前中なので冷たいのかな。それでも遠浅でしばらく海に浸っていると慣れてくる。そして何よりもこの透明度。足元までしっかりと見えるほど透明。日差しを受けて淡いエメラルドグリーンに輝くこの色はまさにビーチリゾート。アジアNo.1ビーチと称されるのも頷ける。


驚くほどの透明度
驚くほどの透明度


島の全長は約7kmほど、そしてこのホワイトビーチは島の西側に約4km近くも連なる。これだけの美しいビーチがこれだけの規模である場所と言うのは世界中でも、、、一体どれだけあるのかな。


以前は大勢の観光客が大挙して押しかけたので島の自然や海が汚れてしまったそうだが、一時的な閉鎖、そしてビーチや島の観光施設、旅行者にに厳しいルールを設けて島を再生。今では本当に美しいビーチを楽しめるようになっている。幸か不幸か一番多いという中国人観光客が入国規制で全くいないので、ビーチはとても静か。曰く、「昔のボラカイに戻ったみたい」だそうだ。


長い長いホワイトビーチ
長い長いホワイトビーチ


愚息は海で遊んだり砂で穴を掘ったり。嫁は寛いだり愚息と遊んだり。自分は愚息と海に入ったり、少し時間をもらって写真を撮ったりする。本当にどこを撮っても絵になるビーチだ。


遠浅の泳ぎやすい海 どこまでも続くビーチ ビーチ沿いに店が並ぶ
遠浅の泳ぎやすい海 どこまでも続くビーチ ビーチ沿いに店が並ぶ


午前11時過ぎ、そろそろお腹も減ってきたので軽く昼食にすることにした。
向かったのはステーション3近くにあるカフェ。ちなみにボラカイ島のビーチは北からステーション1、ステーション2、そしてステーション3と分けられる。昔のボート乗り場の呼称だったそうだが今でも使われている。




カフェの名は「サニーサイドカフェ」。まあボラカイでは有名どころ。
少し歩く。湿気の少ない涼しいボラカイでも、流石に昼近くに直射日光のもとを歩くと結構暑い。愚息がビービー言う。10分ほど歩いて到着。おや?

意外と空いている。ビーチフロントの特等席まで空いている。これはラッキー。中国人規制がこんなところまで影響しているのか。早速座って注文。目的はパンケーキ。結構大きいと聞いていたので取りあえずパンケーキとマンゴーシェイクなどの飲み物を注文。しばし待つ。

しかし、ここ、最高の立地だなあ。綺麗なビーチにヤシの木、青い海に青い空。黄色と白を基調としたお店の雰囲気などすべてが調和している。素晴らしい環境だ。待っている間に写真を撮ったりしているとやがてパンケーキが運ばれてきた。


ウベパンケーキ
ウベパンケーキ


頼んだのはウベパンケーキ(510ペソ)。ウベとは紫山芋のことで独特の紫が綺麗。フィリピンでは有名な食材だそうで、この後ホテルの食事などでもウベを使ったデザートなど結構目にした。

しかも見た目が綺麗だけじゃなくて味もとても美味しい。もちっとした生地に自然な甘さのウベがよく合う。またアイスと一緒に食べるとまた違った甘さがあり美味しい。しかもとても大きい。ひとりでは食べきれないほどだ。家族3人でようやく食べられたが、サイズはアメリカ並みだな。最後はちょっと苦戦。


サニーサイドカフェ 特等席でパンケーキ! ウベパンケーキ
サニーサイドカフェ 特等席でパンケーキ! ウベパンケーキ


ちなみにフィリピンではエコ対策にとても力を入れているのを感じる。
ここボラカイでもレストランなどで使用するストローはすべてリサイクル可能なものばかり。ステンレスや紙製など。セブンイレブンなどで買い物をすると入れられる袋も紙袋。環境問題への対策をしっかりしている、まあ法規制が厳しいのだろうが、その辺りはとても好感を持てる。利権や軋轢ばかりに囚われる口だけの日本とはずいぶん違うと思う。これはすぐにでも見習うべきである。

食後はぶらぶらとお土産などを見ながらビーチを散策。嫁はお土産物に夢中だが、こちらはとにかくビーチが気になって仕方がない。これだけ美しいビーチがあるので、正直どれだけ写真を撮っても気が収まらない。散策しながら写真、お土産見ながら写真って感じだ。


ビーチ沿いに並ぶ土産屋 アクセサリーなど沢山 果物もある
ビーチ沿いに並ぶ土産屋 アクセサリーなど沢山 果物もある


散策しながらそのまま一度ホテルに戻る。
愚息は休まずにそのままプールへ。どうもここのプールが気に入ったようだ。浮き輪を持ってバシャバシャ遊んでいる。
しかしこのフエホテル。本当に雰囲気がいい。それほど値段も高くはないのだがとてもリラックスできる。ビーチ沿いだったらもっと高くなると思うが、それを差し引いても十分宿泊に値するホテルだ。


いったんホテルへ プールで泳ぐ愚息 ちょっとした休憩などもできる
いったんホテルへ プールで泳ぐ愚息 ちょっとした休憩などもできる


プールの後部屋で少し休憩して、夕方前に再びホワイトビーチへ。今度も散策。
ビーチから今度は北へ歩く。ボラカイ滞在も4日ほどしかないのでできるだけ早くお土産なども購入しておきたい。Dモールと呼ばれるショッピングエリアがあるそうなのでそこを目指す。

ビーチ沿いには本当にたくさんの店が並んでいる。シーフードレストランにバー、韓国料理にマッサージ屋。お土産屋に旅行代理店などなど。そして客引きがすごい。とにかく常に誰かに客引きをされている状態だ。飛び交うのはほぼ韓国語。実際中国人がいないボラカイではアジア系旅行者の多くは韓国人である。店の看板なども英語に中国語、そして韓国語が多い。残念なことにここに日本語がないのである。
少し昔ならば必ずあった間違えだらけのちょっと「笑っちゃう日本語」表記。日本人の海外旅行離れは深刻のようだ。それにしても韓国語で話しかけられるのウザい。


ビーチを歩いているとひとつ目立った店が現れた。
一目でわかるマンゴー系の店。そういえば愚息とフィリピンでマンゴーアイスを食べると約束していたので早速入ってみることにした。


午後の散策 マンゴー系デザート店 写真付きで分かりやすい
午後の散策 マンゴー系デザート店 写真付きで分かりやすい


「Thank You 何たら〜」という独特な抑揚の挨拶が耳に残る「HALO MANGO」。店内は韓国人であふれている(笑)。
適当に注文してアイスが運ばれるのを待つ。しばらくしてやってきた。味はまずまず美味しい。暑い体にはちょうどいい。それよりも店員の独特な挨拶と、まあどうでもいいことなのだが店内に描かれたマンゴーアイスの絵がどうも気になって仕方がなかった。トイレの前でこれはあかんだろう。自分だけ、かな?


赤が基調の店内 マンゴーアイス トイレの前に描かれた絵
赤が基調の店内 マンゴーアイス トイレの前に描かれた絵


マンゴーアイスを食べ、さらに北上するとDモールという看板が見えてきた。
Dモールとは最初ショッピングセンターの事かと思っていたが、行ってみるとビーチから奥にずっと広がる商業エリア一帯を指すようだった。どこからどこまでがDモールという明確な仕切りはないようだが、このエリアにお土産屋やレストラン、バーにカフェなど沢山の店が入っている。小さいながら観覧車もある。


Dモール 店が並ぶ 観覧車まである
Dモール 店が並ぶ 観覧車まである


Dモールで少しお土産を買い、疲れたので再びホテルに戻る。
シャワーを浴び少し休憩して夕焼けを撮りにひとりビーチへ戻る。焼け具合は今日もしっくり来ない。


夕日
夕日


夕食はホテルに併設するStationXの「スーパーマジック」でハンバーガーを食べる。350ペソのセットを注文。美味しいのか愚息はガツガツ食べていた。

ハンバーガーを食べた後、StationXには子供ぐらいの大きなチェスが置いてあるのだが、ここで愚息が英語が堪能な女の子に絡まれた。年は同じぐらいか。とにかく一方的に英語でしゃべり掛け、チェスを持って走り回る。英語がわからない上、とにかく積極的に話され愚息はタジタジ。かなり笑えた。

ちなみにチェスが終わった後部屋で休もうと思ったら、愚息がプールで泳ぎたいと言い出す。
結局21時過ぎまで1時間近く付き合わされた。もうくたくた。。


ハンバーガーセット 皆夕焼けを撮りに出てくる タジタジの愚息
ハンバーガーセット 皆夕焼けを撮りに出てくる タジタジの愚息


明日からは別のホテルに宿泊だ。




3.COAST HOTEL

Homeにもどる