TOP世界遺産世界の紙幣世界のゲストハウス旅の持ち物食べ物いろいろ旅の場所ベスト10コラム国紹介リンク


旅術 〜バーチャル旅日記〜


第四章:「移動、そして出会い」


朝起きて1階で飲むコーヒーが男の日課になりつつあった。幸い急ぎの用もなかったので、今日もゆっくり贅沢な時間を楽しめる。男は昨日よりも時間を掛けてコーヒーを味わった。

チェックアウト時間の12時より2時間早い午前10時に宿を出た男は、これから乗る夜行バス用の食料買出しに出掛ける事にした。首都ボッタレーは大きな都市なので、買い物に不便することはない。中心部にある大型スーパーで必要なものを揃えることにした。
男は食料品売り場に足を運んだ。購入するものは菓子パン、果物(みかん・バナナ)、水、菓子などである。一応途中の休憩場所に食事をとる場所はあるのが、念の為の買出しである。
男は買い込んだ食料品をカバンの取り出しやすい場所にしまうと、そのまま長距離バスターミナルへ向かった。

出発の1時間前にバスターミナルに到着したが、すでに同じバスを待つであろうたくさんの人で溢れていた。
安っぽいプラスチック製の椅子に老若男女がひしめき合っている。身の丈ほどもあるような大きな袋を持つ人や、機内預け用のカバンに何かをたくさん詰め込んでいる人、よだれを垂らした子供に白髪の老人。長距離バスターミナルは、旅の出発地点と終着地点。多くの人が集まり、そしてその分だけ多くの物語がある。

薄暗いターミナル内で、男も出発まで座って待つ事にした。前方には大型だが、安っぽいテレビが置かれている。隣に赤ん坊を抱いて座っている中年の女が、くちゃくちゃ何かを食べながら大声で笑っている。テレビでは漫才らしき男が何やら話していたが、もちろんタビタビ語だったので男にはまったく分からなかった。

意外な事にバスは出発の30分前には到着して、乗客を乗せ始めた。
男はバス正面に書かれた「KOTO」と言う文字を見てから、更に2度3度乗務員にチケットを見せ行き先を確認した。
バスに乗り込むと「C−5」と書かれた椅子を探し、男は腰掛けた。椅子はリクライニングシートになっており、なかなか快適だ。今晩はここで眠らなければならないので少なからず安心した。
出発時間が近づいてくると、8割程度席が埋まってきた。そして予定時刻より15分ほど遅れてバスは「古き歴史の残る街・コトー」に向けて動き始めた。
出発間際になって、1人の若い女性が駆け込んできた。そして彼女はぜいぜい息を吐きながら、男と通路を挟んだ隣の席に慌しく座った。


移動
【バス移動】
恐らく世界中で一番本数が多く、各地を網羅している乗り物。本数も多く便利だが、事故も多いのが特徴。
さてまずは座席。基本的に前方に座るほど酔いが少ない。夜行バスで後方部になると揺れがひどいので熟睡できない場合がある。また前方では乗務員に近いので、目的地についても忘れられずに到着を教えてもらえる。いいこと尽くしの前方席だが、正面衝突事故の場合にはもちろん一番被害を受ける。また、大きな荷物はバスの外から扉を開けて預ける事が多いが、窓から荷物の出し入れができる中間部も魅力的。気休めだが、盗難防止になる。
大型荷物は最初にバスに預ける。バス会社によっては番号札とかを付けてもらえる場合もある。だがやはり盗難や間違えはある。最悪なくなってもいいと思わなければならない。お勧めは中型バックを車内に持ち込む方法。狭くなるが、足置き場にでもすれば多少は楽。何より盗難の心配がない。その為、やはり荷物は少ない方がいい。また、荷物を屋根に乗せる場合もあるが、埃や雨対策も忘れずに。

信じられない事だが、国によっては暑くもないのに一晩中冷房をガンガンに効かせる。毛布などが用意されている事もあるが、とてもそれでは追いつかない。夜行バスでは必ず長袖を1枚は用意する必要がある。間違っても預け荷物に入れたままにしないように。また、冷房の開閉口が付いていても壊れている場合があるので、余裕があればガムテープなどを持ち込んで塞いでしまう方法も有効。ティッシュを詰めた程度ではすぐ取れてしまう。
長い移動の中では、水分補給や食事は大切。・・が、あまり乗車前に暴飲暴食は避けた方がいい。移動中のトイレはかなり大変。
貴重品の管理も大切だ。基本は体に巻きつけること。数箇所にばらすといい。手持ちカバンに入れておく場合にも、鍵をしておくとか、体の一部を触れて置くなど気を配りたい。これなら就寝中にも気付く。

【列車移動】
バスと違って事故が少ないのが一番。そして何より独特の音と揺れ、旅の雰囲気を一番感じさせてくれる乗り物。多少の遅れは日常茶飯事。
注意点もほとんどバスと変わらないが、荷物などは通常預ける事はないので、自己管理が必要だ。荷物置き場に置いたら、ロープや南京錠で盗難防止をしたい。ただあまり派手に施錠すると、「ここに貴重品がありますよ」と言っているようなものなので、施錠はスマートにしよう。
バスと違って歩く事も多い列車。かなり快適に過ごせる場合が多いが、その分ほとんどの場所が公共のスペースになるので注意も必要だ。盗難はもちろん、公共のマナー(喫煙など)も気をつけたい。
多くの場合、洗面所やトイレなども付いている。食堂車両など優雅な景色を眺めながら旅を楽しめる列車はやはり楽しい。



「あー、良かった、間に合って」
通路を挟んで隣に座った女性はどうやら日本人のようである。超有名ガイドブックを団扇代わりに扇ぎながら更に続ける。
「本当に、まったくどうしようもないんだから。間に合わなかったらどうするのよ!」
顔から大粒の汗を流しながら一人で喋り続けている。周りの視線が彼女に集まっているが、どうやら気にしないタイプのようだ。
男は読みかけていた日本語の文庫本を静かにカバンにしまった。

バスは順調に走る。男も時折窓の外を眺めながら、変化のない車内の風景を無心で眺めたりした。幸いまだ隣の席に乗客はいなかったのでゆっくり座る事ができた。まだ16時を少し過ぎた程度なので眠気はないし、お腹も減らない。
例の日本人女性は最初1人で騒いでいたが、途中居眠りを始めた。今はまた起きてきょろきょろしている。そしてどうやら自分の存在に気付いたのか視線を感じる。

しばらくして、トイレ休憩の為にバスはガソリンスタンドに停車した。
一緒に乗車していたバス外車の女性スタッフが、早口で休憩の説明を始めた。やはりタビタビ語なので何を言っているのか分からない。男は英語でバスの出発時間だけ確認した。

バスを降りた男に後ろから声が掛かった。

「あの〜、日本人の方ですか?」
振り向くと、先ほどの女性が大きなカバンを背負って立っていた。
「はい、そうでうすが」
「よかった。。やっぱりそうだと思ったんですよ!」
女性は笑顔で続ける。

「どこまで行くんですか」
「コトーまでだが、、」
「あっ、同じですね、私もです」
「そうですか」コトー行きだからそりゃそうだろう、男はそう思いながら答えた。
「旅はもう長いんですか?」
「いえ、まだ着いたばかり。そちらは?」
「いえいえ、私も着いたばかりです。GWを使ってちょっと旅に出てるんです」
「そうですか」

男は女性が背負っている大きなカバンに目をやってから尋ねた。
「カバンはいつも持って歩いてるんですか」
「はい、昔バスの休憩中に全部盗まれてしまった事があって・・・」
「はぁ、そうですか」
「あ、ごめんなさい。ちょっとトイレ行くんで、この荷物見ててもらえませんか?」
「はぁ?」

女性は大きなカバンを男の前に置くと、そのままトイレに走っていった。
仕方なく男は近くの屋台でソーセージと缶コーヒーを買って女性を待つことにした。


出会い
旅において「出会い」ほど重要な要素を占めるものはないだろうと思う。それは現地の人であったり、または同じ旅人であったり。どんなに美味しい食事よりも、どんなに立派なホテルよりも、たった1つの「出会い」にかなわない。
それはさておき、こんな素晴らしい出会いでも、世の中にはこれを上手く利用する悪意を持った人間もいる。

まず当然の事だが、街中で相手から話しかけられたらかなりの確率で疑った方がいい。現地人はもちろん、同じ旅行者でもだ。残念な事に、インドなどでは旅費を稼ぐ為に同じ日本人を騙すという話もあるらしい。自分にとっては「偶然」でも、相手にとってそれは「必然」なのだ。
では、どこが「偶然」なのか?乗り物、例えばバス等がそれにあたるだろうと思う。長距離バスなどでたまたま乗り込んで来た人などは「偶然」である確率が高い(市内バスなどは×)。一応これは経験上の話で、実際今旅で知り合っていまだに連絡を取っている人のほとんどがバスの中での出会っている。移動という不安定な状態、そしてする事も特にないので話に花が咲くこともあるだろう。また、当然だが複数よりは一人旅の方が話しかけ(られ)やすい。

悪意を持った人間と、そうでない人間を見分けるのは非常に難しい。
旅行者を狙ったプロの詐欺師も世の中にはたくさんいる。だけど、多くは善意を持った人々である。老若男女問わず、素敵な出会いに期待したい。


「もう、ホントにそうなんですよ!」

バスに戻った男と女性は席が近い事もあり、そのまま会話を続けていた。いや、実際会話と言うよりか、女性が1人で話し続けているといった方が正確かもしれない。
ちなみに男のポリシーとして、旅で出会った人には名前以外の事は尋ねない事にしている(外国人の場合は国は聞く事もあるが・・)。これは純粋に旅人同士、旅の話をしたい為だ。社会的地位や年齢を聞いてしまうと、どうしても「何らかの壁」ができてしまう。「旅先ではお互い一(いち)旅人」これを大切にしていた。

そんな男のポリシーとは裏腹に、女性は聞いてもいないのに自分の自己紹介を嬉しそうに男にしていた。

「女子大生だったんだ」
「え、見えなかったんですか?」
「いや、そうではないけど。1人で大丈夫なのかい」
「大丈夫ですよ、全然平気」

彼女の話では、文学部に在籍する文学少女との事だった。文学少女とは随分ギャップがあるな、男はそう思いながら左から右に一定のリズムで流れる彼女の言葉を聞いていた。最初は珍しそうに眺めていた周りの人々も、今では飽きたのであろう、何かを食べたり居眠りをしたりとそれぞれ自分の時間を過ごしている。
男も少し空腹感を覚えたので、事前に買っておいたパンを食べる事にした。

会話の切れ目に何気なくパンを取り出したのだが、当然彼女の視線が手元に集まる。

「パンですか?」
「ええ」
「タビタビのパンって、どんな味がするんですか?」
「いや、まだ食べた事はないんだが。。」
「ちょっと食べさせてもらってもいいですか」
「ええ、どうぞ」

男はそのまま手にしていたパンを渡すと、彼女はきれいに半分に割ってその1つを男に返してきた。
「ありがとうございます」
「はあ」

男はちょっと唖然としていたが、その次の言葉には更に吃驚させられた。

「まずいですね」
「・・・」

当然ながら、事前に用意していた果物やその他食料は、ほとんど彼女と食べる事になった。何でも彼女の話では、バスターミナルに来る前、タクシーの運転手に危うく自宅に連れてゆかれそうになり、買い物をする時間がなかったそうだ。幸いあまり食べる気がなかったので、男は気にしなかった。

夜になるとかなり気温が下がってきた。しかし、どうやら冷房は昼間の設定のままのようで、車内はさらに寒い。周りの乗客も渡された薄手の毛布に包まって寝ている。何より車内の窓の内側に付いている水滴が、この寒さを物語っている。男はすでにスウェットと長袖を着込んでいるが、まだ少々冷える。ひざの上に置いていた毛布を使う事にした。
ちなみに通路をはさんだ隣に座っている彼女は、頭上の荷物置き場にあった予備用の毛布を3、4枚勝手に下ろして使っていた。

可笑しくて男は少しだけ笑った。


第五章:「古き都コトーと国境越え」へ

バーチャル旅日記トップへ

Homeにもどる