TOP世界遺産世界の紙幣世界のゲストハウス旅の持ち物食べ物いろいろ旅の場所ベスト10コラム国紹介リンク


旅術 〜バーチャル旅日記〜


第七章:「帰国」


少し飲みすぎたせいか朝になっても頭が重い。部屋には昨晩飲んだビール瓶や、ウィスキーのボトルが乱雑に置かれている。カーテンから差す光の量で既に昼近い事は分かったが、まだ起きる気分はしなかった。時計を見ると11時少し過ぎだった。

「コーヒーって気分、じゃないな。。」

昼過ぎまで部屋で休んでいると幾分楽になってきたので、近くで遅い昼食をとり、外を散歩する事にした。
相変わらず旧市街地はいろんな人で溢れている。活気があっていい。外国人旅行者だけでなく、現地の人々の生活が旧市街に地には随分と残っており、それがまたこの街のいい味を出している。道端では何をするでもなく爺さんや婆さんが座っており、また中年の女性はその隣で色とりどりの野菜を広げ売っている。痩せ細った犬は、建物の日陰で気持ちよさそうに眠っている。
だが、この非日常も明日で終わる。これは本物だが、言ってみれば男にとっては現実ではない世界。一時の夢、ひと時の心地よい酔い。これが現実になれば夢は覚め、そして旅は終わる。
男はお土産を買う為に、旧市街地の土産物屋が集まる一画へ向かった。


「ウェルカム・サー。見るだけね、見るだけ」
「やすいよ、しゃちょう」

日本人旅行者も多い国なのである程度は仕方ないが、それにしてもこういった日本語を聞くとあまりいい気分はしない。男は恋人にアクセサリーを買う為にそれらしき店に立ち寄ったが、店頭に並べてある安っぽいアクセサリーを見ていると、すぐに近くにいた50過ぎの老婦人が話しかけてきた。

「3つで400ボリー、やすいよ」
「3つも要らない。1つ幾らだ?」
「1つだと200ボリーだよ」
「200ボリー・・・ ありがとう、また来るよ」
「何だい、分かった。390ボリーでどうだい」
「いや、結構」

立ち去ろうとする男に老婦人の「350ボリー!」って声が聞こえて来たが、特に興味を持っていた訳ではなかったので気にすることなく店を後にした。結局近くの店で、同じようなアクセサリーを幾分安く購入した。


お土産
旅の大きな楽しみの1つの買い物。自分の物を買うのも楽しいし、友人に為に買うお土産探しも楽しい。
でも、日本のように定価がついている国では問題ないのだが、多くの国では定価がない事が多い。もちろん交渉となる。以下、幾つかの買い物の(暗黙の?)決め事、注意点を紹介する。

1.まずは何軒か店をまわり、おおよその物価(価格)を掴む。
2.定価がない場合は、相手の言い値の6割(5割?)ぐらいから交渉を始めてみる。
3.あまり低いと相手にされないが、そこからお互いの妥協価格を探る。
4.一度価格交渉(合意)したら、よほどの事がない限り買うようにする。
5.あまり交渉が進まない場合は、一度去る(ふり)事も効果的。長期滞在する場合は、何日か通ってみてもいい。
6.複数買う場合は、必ず値引き交渉の材料にする。
7.定価がない品物は、買い手と売り手が納得した値段が価格になる。「この品物にはこれだけの価値がある」と納得すればそれが適正価格。
8.一度見てどうしても欲しいと思った品物は、なるだけその場で買う方が無難。「後で大丈夫」と思っていても意外に買う機会を逃してしまうのが旅。
9.旅先で見ていいなあと思って買った品でも、日本に帰って見ればかなりの確率でガラクタになる。
10.お釣りは必ず確認する。
11.しつこい売り子やガキンチョには、強くはっきりと断る。
12.安く買っても決して他人に自慢しない。

↑こういうのも場合によっては便利。ぼったくりや変なトラブルに遭う心配もないし、。かさ張るお土産も持たなくてもいい。

大きな荷物などは郵送で送ることもできるが、紛失の可能性もあるのであまりお勧めはできない。トラブルやボラれるのが嫌な時は、上のようなネットでの購入もひとつの手。時間がない場合などにも重宝する。
買い物は楽しい。数少ない旅を思い出せてくれるものだし、店なんかを見ているだけも十分面白い。楽しく買い物をしよう。



宿に戻り一休みしているとすぐに夕飯の時間になったので、食事も兼ねて再び外に出掛けることにした。気は進まないが繁華街にも行かなければならない。
外に出ると既にかなり暗くなっていた。屋台街に連なる白熱灯の明かりと人々の活気が混ざり、昼間とは違った表情を見せている。外国人旅行者に交ざり、多くの地元の人もテーブルに座り酒を飲む姿も見える。日が落ちたせいか幾分昼間よりは涼しい気がした。男は安っぽいサンダルを軽く地面に当て、心地よい音を立てながら歩いた。

「あ、どうも、久しぶりっす!」

男が歩いている横から金髪が声を掛けてきた。

「久しぶり。もう大丈夫なのかい」
「ええ、助かりましたよ。ありがとうっす。入院って聞いた時は自分でもびっくりしましたけどねえ」
「最近の大きな病院は何でもかでも入院させようとする。多分金目当てだろうな」
「いや〜、それでも立派な病院で、まるで1流ホテルに泊まってるみたいだったすね。ところでメシ食ったっすか?」
「いや、これからだが」
「じゃあ、一緒に行きましょう。俺、おごるっすよ」
「いいよ別に。でも食事は一緒に食べようか」
「あーい」

男と金髪は近くの屋台でビールと簡単なタビタビ料理を楽しんだ。疲れの為か、酔いもまわってすぐに気持ちよくなってきた。

「そういえば帰国ってもうすぐじゃないすか」
「ああ、明日だ」
「明日?ええ、まじっすか。そりゃ寂しいなあ」
「まあ、旅に終わりは付き物だからね」
「そうっすね、俺もそろそろ帰国して真面目に職探そうっかな」
「まあ、それもまた選択肢の一つだな」
「でも職に就くと旅に出れなくなりますよね」
「ああ、それは間違いない」
「まあ、とりあえず今夜の2人に乾杯!」
「ああ、乾杯(何か少しキャラ変わったな、こいつ)」

「・・・で、大変だったんすよ。1人山の中に残されて、普通の人じゃあのまま遭難ですよ、まったくねえ」
「そうか、それは大変だったな」

「・・・で、すっごく綺麗だったんすよ、ホントに。あれ見られる人ってそんなにいないと思うんすよ。ホント俺ってラッキーだったっすよ」
「そうか、それは良かったな」


体調はすっかり良くなった様で、相変わらずいつもの調子で喋り続けている。時間があればもう少し居てもいいのだが、そろそろ金髪との会話にも疲れてきたので、男は清算をして繁華街へ向かう事にした。

「次、どこ行くんすか?」
「ああ、ちょっと繁華街まで」
「繁華街?・・って、女っすか?」
「んん・・・ まあ、違うような、そんなような・・」
「そうっすか。じゃあ、俺は部屋に戻りますね。お気をつけて」
「ああ、ありがとう」

男は金髪と握手をして、繁華街に向かった。

・・・・・・・・・・・・・

繁華街は旧市街と市内とのちょうど中心にある。面倒だったので男はタクシーに乗って行く事にした。タクシー運転手に場所を告げると、運転手は少しだけにやっと笑い車を走らせた。タクシーの中では大音量で流れていたタビタビの演歌がうるさかった。

まだ20時を過ぎたぐらいだったが、繁華街は既に多くの人で賑わっていた。明らかに旧市街地とは歩いている人も、場の雰囲気、そして空気が違う。タビタビの女性はほとんどが肌の露出が多い服を着て歩いており、カラオケ店だろうか、店の前に何人ものそのような女性がたくさん座っている。人も多いが、怪しい看板もたくさん出ている。タビタビ語で書かれたもの多いが、日本語のものも意外と多い。日本人も多いのだろう。そう思ってよく見渡すと、ワイシャツにネクタイを締めたそれらしき日本人もちらほら見かける。とりあえず男は雰囲気の良さそうなオープンバーで1杯飲む事にした。

同じ銘柄だが旧市街地の倍の価格はするビールを飲んでいると、1人の女性が話しかけてきた。

「こんばんは、ここ すわってもいい?」

どうぞ、と言うより先に女性は男の隣に座った。どうみても男よりは若い、20代前半だろうか。薄暗くてよく分からないが彼女が隣に座ると、どこかで嗅いだような香水の香りがした。

「あなた、にほんじん?」
「ああ、そうだが・・・」
「わたしナオミ。よろしくね」
「ああ」

思ったより上手な日本語を話す彼女に少しだけ驚いた。少し色は黒いが、すらっと伸びた長い手足に白いミニスカートが良く似合っている。目も大きく、髪もセミロングだろうか綺麗にまとまっている。昔どこかで見た女優の顔を思い出した。

「きょうはひとり?」
「ああ」
「いつ、タビタビにきたの?」
「1週間ぐらい前かな」
「いつ、かえるの?」
「明日だ」
「そうか、、なんかしずかね」

やはりあまり興味がない事はすぐに分かってしまうのだろう。女は大きく胸元の開いた服をさりげなく見せながら話していたが、男にその気がないと分かると身を翻すように他の男のところに行ってしまった。女も店で働きつつ、客を取って稼ぎとしている。これは別に特別な事ではない。しかし、他の男と楽しそうに話す女の後姿を見ていると、興味はなかったはずなのだが妙な気分になった。男はいくら飲んでも酔わないビールをそのままにして、店を出た。

繁華街にあるメイン通りからは1本外れているのだが、それでもたくさんの人の熱気で溢れていた。道にはそれと分かる女性が何人も立っていて、時々すれ違いざま男に声を掛けてくる。白人やら、性別のはっきりしない人間やら、とにかくここは昼間とは違う世界だった。男は大通りに出ると、タクシーを拾う為に手を挙げた。


夜の街
健全に旅をしていれば、旅の最中は早寝早起きとなり、とても深夜まで遊んでいる気力はない。それでも旅の途中では夜の街で飲む機会もあるだろう。すべての店が危ない訳ではないが、やはり気をつけて飲みたい。

酒を出す夜の店には色々なタイプがある。女の子が踊っている店、カラオケ店、オープンバーなど。どちらにしろ基本的にはまずお酒を飲む事になる。そして金額ももちろん通常より高い。そこで女の子(男の子?)と色々な会話をして楽しむのが一般的な楽しみ方だろう。中には買春をする女の子もいるが、その辺りは国によっては違法になる事もあるので各自十分気をつけて欲しい。

また女の子だけでなく、現地で知り合った人から睡眠薬などで眠らされ現金などを奪われるケースもある。意気投合して飲んでいたが、気がつくと朝裸で路上で寝ていた、なんて事もある。

また、夜の街にはその他の危険もたくさんある。例えば深夜のタクシーなどは突然運転手が強盗に豹変する事もある。現地の人間ですら被害にある場合もあるので、外国人旅行者は尚更注意が必要だ。夜の細い路地などももちろん同様に気をつけたい。
人の多い場所ではスリや引ったくりも多発する。お酒などを飲んで気が緩んでいる際は気をつけよう。

お酒は人と人とを繋げる大切な飲み物。星空を飲みながら飲む酒などは、格別なもの。だけど不慣れな夜の街ではほどほどにしておくのがいい。ただでさえ外国人は目立つ。貴重品を少なめに持ってゆくのもいいかもしれない。



男は自分の宿に戻ると、部屋には行かずにロビーの椅子に腰を下ろした。随分遅い時間だったので、ロビーにはまばらな人しかいなかった。コーヒーでも飲もうかと思ったが、すでに売店に人はいなかった。
しばらくするとフロントにいた従業員がきょろきょろしながらこちらに歩いてきた。

「私宛の電話かい」
「ああ、そうだ。よくわかったな」

男は従業員に軽く礼を言うと、フロントに置かれた安っぽい受話器を手にした。

「もしもし」
「お疲れさん」
「ああ、疲れたよ」
「大変だったでしょう、この1週間」
「そんな事はない、旅が好きだからな」
「そう言ってもらえると嬉しいよ。こちらもいい原稿が書けそうだ」
「それは良かった。期待しているよ」
「君のお陰だよ、本当にありがとう」
「いやいい。それより疲れたんでもう寝ようと思うのだが」
「ああ、そうしてくれ。また日本で会おう」
「ああ」
「じゃあ」

男は受話器を従業員に返し、そのまま部屋に戻る事にした。男が階段を上り始めたその時、後ろから従業員の声がした。

「ミスター、この本は君の忘れ物じゃないかい」
従業員の手には「旅日記」と書かれた古びた1冊の本があった。男が大切にしている日記だった。従業員はにっこり笑いながら男に差し出す。

「ありがとう、おやすみ」
「ああ、おやすみ」


男は再び階段を上り始めた。


・・・・・・・・・・・・・

終わりに

最後までお付き合い頂きまして本当にありがとうございました。
本当は1周年記念(11月27日)に公開しようと思っていたのですが、思ったより長くなったり、ネタが切れたりと結局正月〜2月の公開となってしまいました。それでも新しい試みだったので、書いていてそれほど苦ではなかったです。どこまで現実と非現実を織り交ぜるか、どうやってそこにリアリティを持たせるか、一番気を遣ったところです。キャラ作りは苦手なので、できるだけ減らしたつもりですが、旅で会う人って大概キャラが強いので色々な人を思い出しながら書いていました(笑)。

また、各章で紹介している旅の術ですが、あくまで個人的に感じたり、注意している事を連ねました。国や場所によっては間違っている事や、時間が経てば変わってしまう事もありますが、少しでも皆さんの旅の参考になれば本当に嬉しいです。ただ、これによる責任は一切取れませんので、どうぞよろしくお願い致します。また、訂正した方がいい箇所、アドバイス、追加事項などあれば、是非是非ご連絡ください。

色々と妄想する事が好きなので、また気が向けば「男」に旅をさせるかもしれません。
その時はまたどうぞ「男」をよろしくお願いします。
それでは、良い旅を。

2007年 正月(更新:2007年2月16日)



バーチャル旅日記トップへ

Homeにもどる